ばんばひろふみの若い頃?あのヒット曲やラジオパーソナリティの記憶

 

こんにちは、みらじです。

ばんばひろふみさんっていっても、今の若い人たちにはどうなのかって思うんですが、昭和時代を過ごしてきた人間にとっては、とっても思い入れがあると思います。記憶を呼び戻しながら、ばんばひろふみさんの若い頃のヒット曲やラジオパーソナリティ時代のことなどを書いてみようと思います。

 

 ばんばひろふみさんの若い頃とあのヒット曲

ばんばひろふみさんっていったって、今の若い人は知らない人も多いと思います。ばんばひろふみさんが活躍し始めた若い頃って、かぐや姫、海援隊、赤い鳥、アリスとか、フォークグループが隆盛を極めていた1970年代。

1975年「『イチゴ白書』をもう一度」で全国的に大ヒットしたのが、フォークグループ「バンバン」。(私は中学3年生の多感な時期でした)

フォークグループ「バンバン」は、1971年、ばんばひろふみさんと今井ひろしさん、現在は高山厳さんとして音楽活動している高山弘さんの3人で始めたグループでしたが、そう簡単にヒット曲が生まれるはずもなく、全国的に知名度を上げることもなかったようです。(そういえば、ばんばひろふみさんは若い頃はカーリーヘアで、オバサンみたいな感じでしたよ)

ヒット曲に恵まれず、最初のメンバーの高山弘さんも脱退、ばんばひろふみさんと今井ひろしさんだけになっていた時に、大ヒット曲「『イチゴ白書』をもう一度」をめぐり当てたフォークグループ「バンバン」。

”めぐり当てた”というのは、「『イチゴ白書』をもう一度」は、当時から超売れっ子シンガーソングライターとして既に頭角を現していた「ユーミン(荒井由実さん)」の作詞作曲の歌。

懐かしい学生時代を綴った歌ですが・・時代だったんでしょうね。「イチゴ白書」っていうコロンビア大学の学生紛争がテーマになった有名な映画のタイトルや、歌詞に出てくる「学生集会へも時々出かけた~♪」とか「就職が決まって髪を切ってきたとき~♪」など、当時の若者の心模様を上手く歌い上げた歌だと思います。

で、「『イチゴ白書』をもう一度」が「バンバン」のヒット曲になるまでには、次のようなエピソードが・・

出す曲が売れず、行き詰っていた頃に荒井の曲を聞き、感銘を受けたばんばひろふみが最後の曲として荒井に書いてもらいたいと思い、荒井に会うためあらゆる伝を探し行き着いた所が松任谷正隆であった。そしてばんばと荒井が会い、荒井も当時あった学生運動を題材にする事がばんばと一致し、曲を書く事となった。
引用:別冊宝島『声を出して歌いたくなる70年代青春の唄』

「最後の曲として・・?」・・・もしかしたら、ばんばひろふみさんによる、この行動がなかったら、あの大ヒット曲「『イチゴ白書』をもう一度」は生まれていなかったということですね。

それにしても、ユーミンは凄い! 最初から大ヒットを狙って「『イチゴ白書』をもう一度」を書いたというんですからね。(ドンだけ凄い才能なのか・・) ちなみに、「『イチゴ白書』をもう一度」は、ユーミンが昔付き合っていた青学の彼氏と、渋谷駅までの道すがら語り合った映画『イチゴ白書』についての懐かしい記憶を元に作られたんだとか。

フォークグループ「バンバン」、他の多くのフォークグループが歩んできたように、個人活動中心へ移行後、解散への道をたどって、現在はその活動をしていないようです。

「バンバン」解散後、個人として活動を開始したばんばひろふみさんは、1979年「SACHIKO」をヒットさせます。1979年頃っていえば、ゴダイゴとか、新御三家(西条秀樹・郷ひろみ・野口五郎)・山口百恵・ピンク・レディー・ジュリーなどが大活躍していた時代。ヒットメーカーのサザンオールスターズもまだ駆け出しの時代でした。

既に、フォークソングブームが終わった感があったこの時期に、フォークど真ん中って感じの「SACHIKO」の大ヒット。 歌い出しが、「しあわせを数えたら片手にさえ余る~♪ 不幸せ数えたら両手でもたりない~♪」。

最初に聞いた時に「なんちゅー暗い歌!」って、ちょっと驚いたんですが、妹を思う優しい兄の心を歌い上げたその歌の魅力は、みるみる評価を上げていきました。(今でもカラオケで聞くことありますけど、今ではいい歌だなぁって思いますね)

 

 ばんばひろふみさんは深夜ラジオのパーソナリティも

文化放送の「セイ!ヤング」、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」、TBSの「パックインミュージック」といえば、パソコンもスマホもなかった昭和時代に、若者の娯楽・情報入手として大切な深夜のラジオ番組でした。ラジオをつけっぱなしにしながら、いつまでも聞いていた人って多かったと思います。(自分もそう)

深夜番組だったので、お色気話や爆笑ネタ話・ショッキングな話などが満載で、翌日クラスは、その話で盛り上がっていたのを思い出します。

ばんばひろふみさんは、「セイ!ヤング」の火曜日のパーソナリティで、アリスの谷村新司さんと一緒に出ていたんです。谷村新司さんもばんばひろふみさんも、話がとても上手くて聞き手を飽きさせないんです。火曜日の名コンビって感じでした。(フォークシンガーって何故か話が上手いんですよね。コンサートで聴衆に語りかけるでしょ。だから上手くなるんですかね)

「セイ!ヤング」以外にも「青春大通り(後に青春キャンパスに)」 「パックインミュージック」等でもパーソナリティを務めていたばんばひろふみさんの声はいつも聞いてたって感じです。「青春大通り(後に青春キャンパスに)」もアリスの谷村新司さんとコンビで、「パックインミュージック」では、たしか兵藤ゆきさんとコンビでしたね。(いやぁ~!懐かしい青春時代です)

深夜ラジオの愛好世代からしたら、フォークシンガーとしてよりも、ラジオから流れてくる面白話のパーソナリティの方が馴染みがあったかもしれません。

 まとめ

ばんばひろふみさんの若い頃について、ヒット曲やラジオパーソナリティの記憶を思い起こしながら書いてみました。

ばんばひろふみさんは「真夏の出来事」で大ヒットした歌手の平山みきさんと結婚していたのは知っていたんですが、2005年に離婚されていたんですね。(これは知りませんでした)たしか、仲のいい夫婦として有名だったような気がしたんですが・・・

離婚原因は、ばんばひろふみさんの不倫問題と書いている記事がたくさん出ていました。夫婦の問題や不倫の話は、いつの時代もありますねぇ。こればかりはなんとも・・ねぇ?

ばんばひろふみさんは、現在杉田二郎さん、堀内孝雄さん、高山厳さん、因幡晃さんら昔馴染みのある人たちと、ブラザーズ5というユニットを結成。コンサート中心の音楽活動をされているようです。考えてみたらスゴイ面々と組まれていますよね。機会があればコンサートに行ってみたい気がします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。