伊東四朗は喜劇界の貴重な存在!若い頃の「電線音頭」が笑えた

   2017/08/07

こんにちは、みらじです。

お正月恒例の「芸能人格付けチェック」の司会や、古くは「アメリカ横断ウルトラクイズ」の司会、人気番組だった「伊東家の食卓」の出演でも知られる喜劇役者の伊東四朗さんについて、若い頃の「電線音頭」や「てんぷく笑劇場」などの話です。

 伊東四朗さんは亡くなった?

伊東四朗さんを検索してみると死亡記事があるのに驚きます。一時twitterでも情報が拡散したんだとか。本人もびっくりでしょうね。ちゃんと生きてますよ。

誤報の元は、同姓同名ではないですが、かつての野球選手の伊藤四郎さんの2011年の死亡記事。中日ドラゴンズ→近鉄バッファローズ→南海ホークスで活躍された伊藤四郎さん。2文字も違うではありませんか。ネットは怖い!伊東四朗さんが亡くなった?って記事が今でも上位を独占するように並んでいるのですから。

 

 伊藤四郎さんは喜劇界の貴重な存在

死亡の誤報記事に関連させているわけでもないんですが、伊東四朗さんは、昭和の喜劇界の生き残り。とても貴重な存在の方だってご存知ですか。

昭和のお笑いトリオの一つ「てんぷくトリオ」その一員が伊東四朗さんですが、メンバーの大ボケ役だった戸塚睦夫さんが、1973年42歳という若さで亡くなり、もう一人のメンバー「びっくりしたなあ、もうッ!」のギャグで人気者だった三波伸介さんが、1982年に52才の若さで急死されているんです。三波伸介さんは笑点の3代目司会者として活躍中の突然の死でびっくりしたんですよ。

1970年代にNHKの『お笑いオンステージ』って毎週楽しみな超面白いコメディー番組があったんですが、そこのコメディーコントコーナー「てんぷく笑劇場」に出演していた東八郎さん(東MAXのお父さん)が1988年52歳で死去、同じく「レイディース&ジェントルメン&おとっつぁん・おっかさん」のギャグで有名だったトニー谷さんが1987年69歳で死去。

同じく、ダミ声の浪曲師コメディアン玉川良一さんも1992年67歳で死去。同じく目に愛嬌がある俳優としても有名だった谷幹一さんは2007年74歳で死去。同じく、とぼけた役柄でお茶の間を笑いに包んだ由利徹さんも1999年に78歳で死去、同じく、「指パッチン」で有名だったポール牧さんも2005年に63歳で死去。

『お笑いオンステージ』でレギュラーだった喜劇役者さんの内、ご存命なのは伊東四朗さんと中村メイコさんだけじゃないでしょうか。

「男はつらいよ」の寅さんでお馴染みの喜劇俳優、渥美清さんが1996年68歳で死去、コメディー俳優の関敬六さんが2006年78歳で死去など、伊藤四郎さんと活躍の時期を同じくする関東の名だたる喜劇人も、今やおられなくなっています。まさに伊東四朗さんは喜劇役者界の貴重な存在なんです。

 

 電線音頭が面白かったわ~

1970年台の中頃テレビ朝日系の娯楽番組『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』っていうのがありました。私も当時高校に入ったばかりの頃で、キャンディーズの大ファンだったので、そのキャンディーズがレギュラーで登場していた『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』にハマってました。

キャンディーズってかわいい3人組のアイドルグループだったんですけど、コントとかやらせると抜群に面白さのある集団だって分かったのは、この『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』でした。

蘭ちゃん(伊藤蘭さん)とスーちゃん(亡田中好子さん)が五円パゲのあるカツラでを被って男の子に扮しミキちゃん(藤村美樹さん)が娘役。コマツの大親分の小松政夫さんが長兄の息子役。そして、場合によって2種類(怖い・優しい)の母親を使い分けるのは伊東四朗さん。キャンディーズの3人の長兄の小松政夫さんへのネチネチ攻撃のエゲツなさにホント笑えました。

小松政夫さんのコント内の挿入歌「しらけ鳥音頭」憶えてますよ。”♪しらけ鳥~飛~んでい~く~、南の空~へ、ミジメ、ミジメ~♪”ってね。

伊藤四郎さんが、ベンジャミン伊東というサーカス団の団長風のいで立ちで、場に合わない変なタイミングで登場する電線音頭も最高でしたね。”♪電線に、雀が三羽とまってる~♪”でしたっけ。時の流行になってたのを思い出します。ホント面白かったですよ。

 

 終わりに

西村京太郎のトラベルミステリー「十津川警部シリーズ」で23年もの長きにわたり亀井警部補役を務め、人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~シリーズ」では、東帝大学病院外科部長の毒島隆之介教授役など、俳優としても大活躍されてきた伊東四朗さん。

現在はドラマ「黒革の手帖」で、江口洋介さんが演じる議員秘書安島富夫の後ろ盾となりなんとか国会議員にさせようと支援する政財界の黒幕長谷川庄治の役を演じています。あと、ヤクルトの宣伝にも出てますね。(昔はヤクルトのタフマンのCMの顔でしたけど)

関東の喜劇界では貴重な存在となった伊東四朗さん。まだまだ元気で頑張ってほしいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。