女優音無美紀子!過去に演じた役柄の記憶を辿ってみる。

 

こんにちは、みらじです。

音無美紀子さん、誰でも知っている有名な女優さんですよね。ご主人も有名な俳優の村井国夫さん。夫婦で梅酒のCMとかも出ていましたのでまず知らない人っていないでしょう。

でも、音無美紀子さんが過去に演じてきた役柄でどんなものを記憶されていますか?1960年代後半から長い間女優として活躍されている方なので、数多くのドラマや映画に出演されているのは当然です。

その中で、私の記憶に残っているものについて呼び戻してみました。個人的感想を書いているものなので、無美紀子さんをそもそも知らないとか、興味がないという若い世代の方などは、ここでスルーしていただいて構いません。

1970年代

音無美紀子さんの1960年代の出演作などは、私のように50代後半でもさすがに記憶に残ってませんが
1970年代になると、やっぱり、水谷豊さん主演の学園ドラマ「熱中時代」でしょうか。

音無美紀子さんが演じていた役柄は、校長先生(船越英二さん)のところの下宿人の一人花井先生。花井先生は、後に校長先生の奥さんの綾子(草笛光子さん)の弟で中学で教師をしている同じ下宿人の八代先生(山口崇さん)と結婚するんです。「熱中時代」は、当時かなりの人気ドラマだったので結構憶えてます。

1980年代

1980年代では、土曜ワイド劇場の「高橋英樹の船長シリーズ」での音無美紀子さん。「客船の船長がほとんど探偵!?」って感じのあり得ないような内容で、視聴者を2時間釘付けにするドラマ。(しっかりと釘づけにされてましたけどね)

この2時間ドラマの中で、音無美紀子さんの役柄は、客船の杉崎船長(高橋英樹さん)の奥さん役。ただの主婦の役って感じではなく、他の重要な登場人物との関わりなどもあって、存在的にはかなり大きな役割をを占めていた印象があります。

「高橋英樹の船長シリーズ」は、2002年まで続いた人気作品でしたから、憶えている人多いんじゃないでしょうか。

杉崎船長夫婦の子供役は、今バラエティや、ニュース番組でも引っ張りだこの坂上忍さんが演じていました。(若い頃でカッコよかったです)

1987年のNHK大河ドラマ「独眼竜正宗」に出演した音無美紀子さんもよく憶えています。政宗(渡辺謙さん)の懐刀、伊達家の忠臣片倉小十郎(西郷輝彦さん)の妻の蔦(つた)は、音無美紀子さんが演じていました。

「独眼竜正宗」は、とても人気が高かった大河ドラマだったので、見てた人多かったと思います。世界の渡辺謙さんの出世作でしたしね。(私はこのドラマに感激して、この年仙台に旅行に行っちゃいました)

片倉小十郎の妻の蔦は、小十郎が政宗といつも行動するのと同様、政宗の正室の愛姫(めごひめ)のお世話役としていつも傍にいた人物です。

音無美紀子さんには、他にも演じた役柄はたくさんありますが、その中から印象に残っている役柄を三つほど書いてみました。

最近の出演は?

音無美紀子さんの最近は、単発で出演されることが多くなっているみたいです。2016年度は「三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~」「科捜研の女」シリーズ vol.15 「立花登青春手控え」「女たちの特捜最前線」2017年の今年は「警視庁・捜査一課長 season2」に出演されているようです。

昭和の時代から、多くのドラマに出演、視聴者を楽しませてくれた女優の音無美紀子さん。決して主演女優さんではありませんが、存在感は確かな女優さんです。引退はまだまだ先の話だと思いますので、もっともっと活躍して欲しいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。