芝東照宮で寄り道、猫の出迎えも!東京タワーが最終目的地!

   2017/08/13

こんにちは、みらじです。

飯田橋で「あおもり北彩館」に急きょ寄り道、お目当ての「ねぶた漬」を買ったあと、再びモグラのように地中深くに、南北線から都営三田線へ乗り継ぎ目指す東京タワーへ・・・と思いきや、またもや寄り道。

芝公園駅を出てくると、周りにはいきなり緑が。遠くにビル群が見渡せますが、ここは、そのオアシスみたいな雰囲気。(ここで癒しスポットがくるとは思いませんでした)

芝公園駅の出口付近からは、すでに最終目的地の東京タワーも見えています。結構距離ありそうですが、急ぎの理由もない気ままなお散歩。ボチボチ歩きます。

芝公園の出口の隣には、「芝東照宮」がありました。芝にも東照宮があったとは知りませんでした。手前は駐車場で奥に鳥居を発見!東照宮って、日光と久能山ぐらいしか知りませんでしたが、ここもれっきとした東照宮の一つだそうです。ということで、ありがた~い気持ちで寄ってみることに。

「東照宮」の鳥居をくぐると石段が、それとなく雰囲気が出てきます。

お清めの水場「手水舎(てみずや)」がなんとコンパクトでいいですね。

拝殿も日光などのように大きくありませんが、荘厳なイメージは、さすが東照宮。

参道も緑に囲まれて大都会のど真ん中とは思えない雰囲気。(東京の魅力の一つがコレです。高層ビル群の近くにこういう癒しスポットがあるんです)

大権現徳川家康公の御名と三つ葉葵の御紋の提灯が。

おみくじは「吉」!・・何事も最後まであきらめないことなど、ありがたいお言葉が。

参道脇の休憩用の椅子があるところに、キジトラ君がお出迎え。「危ないから入ってはいけません」の張り紙も猫には関係ないってね。「何見てんだよッ!」ってか?

「芝東照宮」の隣は芝公園。こんな風景が広がります。

正に都会のオアシスですね。

暑くなければ、シートを敷いて寝転がりたい。

東京中心部の公園は独特ですよね。周囲のビル群とまったく違った空気とゆっくりと流れる時間が感じられますからね。

東京タワーにたどり着く前に寄り道した東照宮周辺の風景はこんな感じでした。

あくまで最終目的地は東京タワーなんですけどね。

 

飯田橋のあおもり北彩館に寄り道してねぶた漬!東京タワーが最終目的地!

芝増上寺でまたも寄り道!徳川将軍の墓見学!東京タワーが最終目的地!

東京タワーが最終目的地!寄り道の末やっとたどり着きました

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。