パソコン画面で”目が疲れる~ッ!”って人に朗報!f.luxがいいみたい

   2017/07/27

こんにちは、みらじです。

スマホ、パソコン、・・”うぅ~ッ!目が疲れる~ッ!”って人多いんじゃないでしょうか?・・あなたは大丈夫ですか?

たまたま、スマホの設定をいじっていて気づいたんですが、私のスマホ(アンドロイド)には、視力保護機能があり、モードの切り替えによってブルーライトをカットして長時間の読書時に目の疲れを軽減するという機能があったので、早速スイッチON。

結果、2~3日で「あれッ!目が疲れてないや」。特に左目のショボショボするのがなくなってきたのを実感できるようになり、明らかに効果が確認できました。

そして思ったのが、パソコンにもこういうソフト無いんだろうか?・・・調べたところ「f.lux」という、やはりブルーライトをカットして、長時間パソコンの画面を見続けても目が疲れないというソフトがあることが分かり、さっそくインストール。

「f.lux」もスマホに入っていた視力保護機能と同じ感じで、画面全体がちょっと黄色っぽくなるんですが、温かみのある色合いで、いかにも目に優しい。

私の場合は、「f.lux」を入れて3~4日で「あ~ッ!目が疲れた~ッ!」がなくなってきたのが実感できました。最近パソコンにインストールしたソフトの中では、「f.lux」は本当に神様みたいなソフトです。

インストールしたら、パソコンを再起動させます。再起動後、最初にf.luxを使う位置情報を設定するダイアログが出ますので、とりあえず「tokyo」(実は埼玉県に住んでますが、近いので)と入力して、右のresearchボタンを押すと、その下に地図が出ました。(これでf.luxを使っている場所(tokyo)が、今現在昼間なのか夜間なのかを判断しているのかな?)

ダイアログがもう一つ出ます。いわゆるコントロールパネルのようなものですね。これで、自分に合った明るさを調節していくわけですね。

オレンジの丸は現在の時間帯を示しています。時間帯によって調節できるわけですね。右上のsettingのボタンを押すと下のような画面が変わります。

画面が変わったら、黒いマルを左右にドラッグして動かし、明るさを調節します。上の黒丸が日中、下の黒丸が夜間の明るさを調節するスライダーのボタンです。

ちなみに私は、ほぼ一定の明るさの部屋の中でパソコンを使用していますので、昼も夜も3800kの明るさにしています。調節ができたら、ダイアログボックスの右上のdoneのボタンを押してからダイアログを閉じます。たったこれだけです。

目の疲れやすい人や、パソコンのハードユーザーにはf.luxは欠かすことができないアイテムだと思います。パソコン画面で”目が疲れる~ッ!”がなくなったのは実に大きなことです。

f.luxは、webデザイナーさんや、画像クリエーターさん等には必需品だって書いてありましたし、フリーソフトなので是非試してみてはいかがでしょうか。

f.luxのダウンロードはこちら。⇒ https://justgetflux.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。