ブラックリストのトム・キーン!俳優と吹き替え声優は?

   2017/07/27

こんにちは、みらじです。

人気のアメリカドラマの登場人物について演じている俳優さんや声の吹き替えをしている声優さんの、他の映画やドラマの出演歴や吹き替え事例などを簡単にまとめています。

前回のブラックリストのハロルド・クーパー副本部長に続き、今回はエリザベスの夫のトム・キーンについてです。

 ブラックリストのトム・キーンを演じる俳優は?

トム・キーン。エリザベス・キーンのやさしい夫で、学校の先生なんですが、実は裏の顔を持つスパイ。いくつもの名前を持つエージェント。

スパイであることがばれて、妻のエリザベスに撃たれたりもしますが。重要人物として、中々ドラマの構成上は死なせないですよね。

本名が、ジェイコブ・フェルプス・・・のはずが、後でクリストファー・ハーグレイヴだと判明、これも偽名かも。

そんなトムキーンを演じているのは俳優のライアン・エッゴールド。1984年8月10日生まれの32歳。出身はカリフォルニア州 レイクウッド。

ライアン・エッゴールドの主な出演歴の中で、ピカイチは、なんといっても、「新ビバリーヒルズ青春白書」でしょうか。

若き教師のライアン・マシューズを演じてブレイク。ライアン・エッゴールドの出世作といっていい作品ですね。

その他、「パパが遺した物語」や、「ラブストーリーズ(コナーの涙)」「ラブストーリーズ(エリナーの愛情)」「アントラージュ~オレたちのハリウッド」、ゴシップ誌Dirtの編集現場がテーマの「Dirt」「ヴェロニカ・マーズ」などにも、出演しているようですがゲストでの出演が多く、どんな役柄での出演だったのか、詳しくは、実際にドラマの鑑賞などが必要かなって思います。

ライアン・エッゴールドは、「新ビバリーヒルズ青春白書」と「ブラックリスト」でのレギュラー出演により、俳優としての地位を確立したんじゃないかと思います。

まだ、32歳という若さですので、これからいろんなシーンでお目にかかるのが楽しみな俳優さんではないでしょうか。

 

 トム・キーンの声を吹き替えている声優さんは?

ブラックリストの登場人物の中でも、謎の多いトムキーン。その声を吹き替えている声優は、荻野晴朗さん。

荻野晴朗さんは、東京都出身、1971年10月10日生まれの45歳。

荻野晴朗さんがどんな吹き替えを担当されているかザクっとご紹介しますと、「ザ・キリング」でオーラフ・ヨハネセンが演じるデンマークの首相クレスチャン・カンパの声。

「CSI科学捜査班」で ジョン・ウェルナーが演じる毒物分析官ヘンリー・アンドリュースの声。

「アグリー・ベティ」ではラルフ・マッチオが演じる市会議員のアーチー・ロドリゲスの声。

「デクスター~警察官は殺人鬼」ではクリスチャン・カマルゴが演じる”冷凍庫キラー”である義肢医のルディ・クーパーの声。

「リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線」では、亡リー・トンプソン・ヤングが演じたバリー・フロスト刑事の声。(途中で俳優リー・トンプソン・ヤングが死亡したので、バリー・フロスト刑事も交通事故で亡くなったという設定に変更)

などと、数々のドラマで、いろいろな俳優さん達の吹き替えをされています。もちろん、ほかにもたくさんありますが。

声優の荻野晴朗さんはアニメの登場人物などの吹き替え実績も豊富。日本ではベテラン声優さんとして活躍されている方のようです。

 

 終わりに

ということで、今回は、ブラックリストの登場人物トム・キーンについて、演じている俳優の俳優ライアン・エッゴールドと、その声の
吹き替え声優の荻野晴朗さんについて、出演歴などを見てみました。

「出演歴なんて、wikipedia見ればいいんじゃない?」って思われるかもしれませんが、・・・そうでもないんです。

〝何ッ?”って思われるかもしれませんが、アメリカドラマの登場人物の場合、ハリウッドスター等と違って、知名度の違いのせいもあるのか、出演歴に記載されているのは、映画やドラマのタイトルと役名だけなんてことが多くて、脇役、端役だと更に情報が少ないなんてことがザラ。

出演した映画の内容とか、役名にあるところの役柄がどういう人物かなんて、中々わからないものです。(主演級の俳優の役柄のことしか書いてない)

そんな、重箱の隅を突くようなようなことがとても好きな私。些細なことなんですが、小さな発見があったりもするので、その辺りを調べることの楽しみに、ハマってます。

声優さんについても、声だけで勝負しているので(顔が見えないので)何か調べちゃいたくなるんですよね。

特に別のドラマなどで同じ声を聴いたりすることがあるので・・・

今回でブラックリストの登場人物はいったん終了。次回から何を書くか、まだ検討中ですがNCISかHAWAII FIVE-O辺りを検討してみようかと思います。

やっぱり、先にチャック(chuck)にします。まずチャック(chuck)の主人公、チャールズ・バトウスキー(チャック)から始めます。

ではでは・・

チャック(CHUCK)のチャールズ・バトウスキー!俳優と吹き替え声優は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。