北海道!地方議会と住民の意識のズレもここまでくると笑えない!

   2017/07/24

こんにちは、みらじです。

7月17日は「北海道みんなの日」といういうことで、道条例で定められており、条例後初の「北海道みんなの日」を迎えた今年の7月17日の式典・レセプションに市民参加者が一人・・って?

北海ドウなってんの?ってオヤジギャグ飛ばした結果より酷い事が起きてるじゃん!

式典に集まったのは約300人ほど、市町村長や北海道の経済団体関係者、道議、道職員らばかり。

一般市民はたったの一人だけって・・

北海道新聞が伝えているこの記事に関する率直な感想は?

「公務・財界関係者の・公務・財界関係者による・公務・財界関係者のための」北海道みんなの日っていうか北海道そのもの?

そんな感じしますよね。決して笑える話ではありませんが。

地方議会の議員たちと、住民・一般市民との意識のズレがここまで隔たりがあるかと思うと、何のための公務・誰のための公僕なんだか、全く理解に苦しみますよね。

最近、行われた東京都議選で惨敗した自民党の哀れな姿を思い出しました。。これも安倍自民党と都民との意識のズレがはっきりした結果であると。

自民党一強をいいことに、国民の大半が疑問を抱いてる森友学園加計学園の問題に、誠意のあると思える回答をしない自民党の姿に嫌気がさした都民が、国民に先んじて真っ先にNOを突きつけた結果の惨敗劇。

そしてダメを押したのが誰あろう安倍総理。国民の多くがその映像をしっかりと目に焼き付けてしまったと思いますが、秋葉原駅前だった、都議選最終盤に応援演説に駆け付けた安倍総理が、こともあろうか聴衆(有権者)に向かって指を指しながら

「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです。そうじゃありませんか?」ってやってしまう始末。マスコミがあの部分だけ切り取って放送するのもどうかと思うし、「安倍帰れ!」の選挙妨害(選挙違反)もおかしいとは思うけど、安倍総理は日本の国家元首、総理大臣ですからね。

この映像を見て、私は自民党大惨敗が決まったな!って思いました。

豊田議員の「このハゲェ~!」ヒステリーや、憲法を知り尽くしているだろう稲田防衛大臣の、まさかの「自衛隊への自民党支持要請」発言など、俄かには信じがたいことも起きましたが、

なんといっても阿部総理の応援演説での、あの上から目線の態度。あれはいくら何でもいかんですよ。そう思う人もいるでしょう。

北海道での「北海道みんなの日」式典もこれと同じ印象というか、まさに同じ感情を抱きましたね。

議員も職業としての議員に完全になり下がり、公務員も職業としての公務員になり下がり、市民に命を尽くして奉仕するなんて意識は、さらさら無いのではないですか。

「北海道みんなの日」の式典・レセプションに参加した市民がたったの一人という記事を目にして、地方議会や公務関係者と一般市民との意識のズレが、ここまで来てるのかと嘆きしかありませんね。

北海道みんなの日の式典でのこんなことって、ほかの地方でもあると思います。新聞などでドンドン取り上げたらいいと思います。

何度も言いますが、決して笑える話ではありません。一般市民や一般国民がとんでもない不利益を被ることになることだって往々にあることだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。