CSIメンバーのラングストン博士の声の吹き替え声優は?

   2017/07/27

こんにちは、みらじです。

フィンレイ捜査官の吹き替え声優さんに続き、今回はCSI第9シーズンの途中から第11シーズンまでCSIメンバーとして活躍していたレイモンド・ラングストン博士。(医学博士で博士西ラスベガス大学教授から、CSI捜査官に転身)

ラングストン博士の声を吹き替えている声優さんについて見てみようと思います。

レイモンド・ラングストン博士、CSI見てた人なら憶えていると思いますが、宿敵ともいえる、連続殺人鬼ネイト・ハスケルとの死闘は目を見張るものがありました。

留置場に収監されていたハスケルに不意を突かれて、刺されて瀕死の重傷を負うラングストン博士。この事件でラングストン博士は片方の腎臓を失うことになります。

レイモンド・ラングストン博士を演じていた俳優は、映画マトリックスでネブカドネザル号の船長のモーフィアスを演じたローレンス・フィッシュバーン

マトリックス・・・今では懐かしい映画ですね1999年公開でしたので、早18年になります。

同じ年にスターウォーズのエピソード1(ファントムメナス)も公開されてましたね。

マトリックスのモーフィアスで馴染んでいた人にとっては「モーフィアスがラングストン博士かぁ」って思ったかもしれませんね。

そして、レイモンド・ラングストン博士の声を吹き替えていたのが声優の銀河万丈さん。

声優銀河万丈さんは、1948年11月12日生まれで現在68歳。奥さんは、CSIメンバーキャサリン・ウイローズの声を吹き替えている高島雅羅さんだそうです。

声優銀河万丈さんがどんな吹き替えをされているかというとアニメ・映画・ドラマ・ナレーターなど多くの場面で活躍。

アニメでは、「機動戦士ガンダム」のギレン・ザビや、最初の頃(1970年代)のサイボーグ009のジェロニモ(005)、あだち充原作の人気アニメ「タッチ」の原田正平の声ほか多くの場面で吹き替えをしています。

俳優では、キース・デイヴィッドデルロイ・リンドーマイケル・クラーク・ダンカンマイケル・ドーンほか、有名な俳優の声を何回にも渡って担当している銀河万丈さん。

ドラマでは「刑事コロンボ」で名優ピーター・フォークが演じるコロンボ警部(昔は小池朝雄さんでしたね)「エレメンタリー4 ホームズ&ワトソン in NY」では、リチャード・カインドが演じるトレント・ガービィ「ツイン・ピークス」ではマイケル・オントキーンが演じる
ハリー「デスパレートな妻たち」ではダグレイ・スコットが演じるイアン等々、それら以外にも数多くの吹き替えを銀河万丈さんが担当されているわけです。

顔が見えないので、中々馴染みの薄い声優さんたちですが、正に縁の下の力持ち。大切な役目を担ってますよね。

銀河万丈-Wikipedia 

次はCSI最後の主任をつとめたD・B・ラッセルについてその吹き替え声優さんについて見てみたいと思います。

ではでは・・

CSIメンバーD・B・ラッセル主任の声の吹き替え声優は?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。