CSIのニック・ストークスの声の吹き替え声優は?

   2017/07/27

こんにちは、みらじです。

現在午後2時、スマホで表示される気温は33度。窓全開、エアコンを使わず扇風機で涼んでいます。首には冷却タオルも。

今回も、またまた、吹き替え声優さんの話題です。

アメリカの超人気ドラマで、2000年から2015年まで続いたCSI科学捜査班。前作見た人もかなりいるのではないでしょうか。(私も全作見ました)

いま、深夜にDライフで放送していますが、面白いものは、何回見ても面白いですね。

今回はCSI鑑識課員のニック・ストークス。ニックを演じているのは、俳優のジョージ・イーズ 。「ER救命救急室」で医学部の学生グレッグ・パウエルを演じていたのを憶えてます?

そして、その声の吹き替えをしているのが声優の家中宏さんという方です。

ニックの吹き替えの声を担当している家中宏さんの声も独特の何ともいえないいい声ですよね。(何て表現したらいいんだろう)

ちょっと人を舐めたような言い回しや、本気モードの時の迫力のある力強さを感じる表現・・・声優さんってホントにすごいと思います。

ニック・ストークスは、途中降板もなく、途中休場もなく、最初から最後までCSI科学捜査班の鑑識課員を勤めた人物。

穴に埋められて、ヒアリに全身刺されて死にそうになったこともありました。最終回で、サンディエゴのCSI主任として転勤することになるんですよね。

そんなニックの声も、別のドラマなどで別の俳優さんの声としてお目に(いやお耳に)かかることがありますね。

やはり、ジョージ・イーズ が演じているニックではないので、なんとなく違和感が・・・

ニックの吹き替え声優の家中宏さんは他にどんな吹き替えを担当されているのでしょうか。

調べてみました。

ところで、家中宏さんって1958年3月の生まれで、59歳だそうです。ニックの声だからもっと若いと思ってました。

声優歴が長いこともあり、アニメ、映画、ドラマでの声の吹き替え歴が多いこと多いこと。(すごい数です。特に映画が多そうですね)

とりあえず著名なドラマを見てみました。

「クリミナル・マインド FBI行動分析課シリーズ」では家中宏さんの声は単発で何話にも登場してますね。

「刑事ナッシュ・ブリッジス」では、俳優のルイス・マンディロアが演じるレイ・ゲイツの声

「コールドケース7ザ・ファイナル」では俳優ジェイミー・マーツが演じるマイク・ドンリー陸軍軍曹(グリーンベレー)
の声。

「HAWAII FIVE-0」では、俳優マックス・マーティーニが演じる、マクギャレット少佐のアフガニスタン当時の軍人仲間で、警備会社を営むニック・テイラーの声。

その他、「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」「ユーリカ シーズン3」「名探偵モンク」などでも単発的にいろいろな人の声を吹き替えている声優の家中宏さん。

特徴のある声なので、すぐに分かるのが家中宏さんの声です。

家中宏さんには、もっともっとたくさんの声の出演作があるので、もっと詳しく興味があれば調べてみると面白いかもしれませんね。

次回は、CSI科学捜査班のメンバーキャサリン・ウィロウズの声の吹き替え声優さんで描いてみたいと思います。

ではでは・・

CSIキャサリン・ウイローズの女優と声の吹き替え俳優は?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。