自転車運転者のマナーが最悪すぎる件。

   2017/07/22

自転車運転者のマナーが最悪すぎる件そんな内容で綴っています。

こんにちは、みらじです。

今回も自由気ままに書いています。

自転車運転者の傍若無人ぶりに「ヒヤッ!」っとさせられたり「イラッ!」っとさせられた経験ありませんか?

 こんな自転車運転者はアホなのか?

私にはこんな実体験が何度もあります。ちなみに私は自転車にはほとんど乗りません。

①スマホ見ながら運転してる者。
(言語道断だがたくさんいますよね)

②右側走行してくる者。
(自動車ドライバーからすれば、轢いてしまいそうになるから絶対止めてほしい)

③歩行者の間をスピード出してすり抜けていく者。しかも歩道の上で。
(これには何度もヒヤッとさせられたし、よけ損ねて転倒した運転者を間近にしたこともある。親切にも自転車を起こしてやった。あわやこちらが大怪我するところだった。)

④一時停止や確認もせずに、しかもスピード乗せたまま路地から飛び出してくる者。
(「マジで轢いてしまうところだった」ってことを何度も経験したことある。これも非常に危険行為なので絶対やめて
ほしい。)

⑤後方を確認することなくいきなり右折してくる者。
(高齢者に物凄く多い。この世を儚んで早く向こうの世界に逝きたいのかって本当にイラっとします。)

私が車にドライブレコーダーを搭載しているのは、こんな無謀者達から自らを守っているからなんです。(後日の訴訟のため)

それでも、事故が起きたら免許持ってるドライバーの方が悪くなる。(前方不注意)

怪我したほうが不利だからという理由?これって、バランス悪すぎだと思います。

その前に上記列挙のような傍若無人な自転車運転をすぐ止めなさいといいたい。

 

 自転車運転違反者の取り締まり

自動車・バイクのドライバーは、免許所持だから、警察もすぐに取り締まりますが、自転車に対しては至って寛大。

注意だけがほとんどで、ほとんどお咎めなしの状態が、こういう事態を引き起こしていると言っても過言ではないと思います。

走路交通法の改正に伴って、自転車にも取り入れられた罰則規定が、「3年以内に2回以上違反や交通事故を起こしたら5700円の講習料を払っての3時間の強制講習」これを無視すると5万円以下の罰金。

「甘すぎるでしょ!」

しかも、警察は本気で取り締まる気があるのかも疑わしい。車やバイクでの違反なら一回やっただけでも何万円も罰金とれますからね。

チマチマ自転車の取り締まりなんかやってられるか。事故起きたら動けばいいんじゃないの・・その程度しか考えてないんじゃないでしょうか。

駐車違反取り締まりの緑の制服着た警察の外注の取締員を増やすなら、同時に自転車の取締員も外注出せよと言いたいぐらいです。

 

 自転車も免許制にした方がいい

警察が自転車を本格的に取り締まりができるようになるためには、やはり免許制がいいのでは。

実技講習を受けて簡単な学科試験を受けて免許取得という制度をどこかの時点で取り入れなければ、自転車による悪質無謀運転も交通事故も減らないと思います。

誰でも簡単に乗り回せる自転車はとても便利な乗り物であることは間違いないですが、乗る人のマナーが悪いんじゃ
免許も必要でしょ。

子供でも取れる位の簡単な免許で良いと思いますが、違反者、交通事故を起こした者には、それなりの行政法上・刑事上の責任を負ってもらわないと、どうもバランスが悪いと思います。

民事では、自転車で事故を起こし相手に怪我させたり死亡させた者には何千万もの高額賠償判決が出たりしていますが、

行政法規での取り締まりを受けて、相応の罰金を科せられる位の責任が負わされなければ、冒頭のような無謀運転者は減らないと思います。

事故が起きる前に、つまり事故抑止のためには、それなりの策が必要だと考えます。

 

 最後に

本当に自転車の悪質運転が目に付くようになってしまったように思います。

特に、車の運転をしていると、その傍若無人ぶりに思わずヒヤッとさせられることが本当に多いんです。

自分が怪我をしても痛い思いをするし私のような長い間ゴールド免許を持つ善良なドライバーにも多大な迷惑をかけることにもなりますので、無法者のような自転車運転は絶対にやめていただきたいですね。

スマホ見ながら人混みを歩く奴やこともあろうか、自転車乗りながらスマホの画面にくぎ付けになってる奴。己が大バカ野郎だということに早く気づきなさい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。