ヒアリで死亡する確率?セアカゴケグモは今?

   2017/07/28

ヒアリで死亡する確率?セアカゴケグモは今?という内容で綴っています。

こんにちは、みらじです。

ヒアリ怖いですよね。スズメバチと同じような毒を持ち、集団での攻撃を得意とする戦闘アリがヒアリ。

今日はヒアリによる死亡率や、以前話題になったセアカゴケグモを取り上げてみました。

 

 ヒアリが社会問題化

社会問題化しつつあるヒアリですが、コンテナ輸送で世界中が繋がっている今、外来危険生物の上陸と国内での繁殖は防げないのでしょうか。

ヒアリに関しては、今とても話題化しているので、しょっちゅうニュース報道を目にしていますよね。

ヒアリにはスズメバチと同じような毒があり、刺されて重篤になると死に至るといった話も見聞きしているので、恐怖を抱かざるを得ません。小さな子供さんのいるご家族は、特に心配ですよね。

砂場遊びもさせられないなんて事態になったら、本当に大変なことだと思います。

 

 ヒアリの繁殖は間違いない?

日本国内の、コンテナ船が着岸するあちこちの港湾施設周辺で既に目撃されていて、繁殖が始まっているのではと危惧されているヒアリですが、詳しい専門家の間では、日本中に繁殖するのは間違いないだろうとの見解のようです。

理由は、その繁殖力のようです。ヒアリの女王アリは1時間に100個近くも卵を産むそうです。更に、日本の都市部は人間も住みやすい環境なので、ヒアリにとっても好条件の環境にあるらしいのです。

都市部の公園とか植え込みとか注意が必要になりそうですね。

ところで、ヒアリにも天敵がいるとか。ノミバエといって日本にも生息するハエ。ヒアリにタマゴを産み付けるそうです。

孵化したノミバエの幼虫は、ヒアリの頭部を食い破って外に出てくるそうです。(エイリアン顔負け・・グロッ!)ちなみにそのグロさからゾンビバエと呼ばれているとか。

元々南米に生息域を広げているヒアリ、物流の影響で、北米の広範囲にもその生息域が一気に広がったという話です。ヒアリの繁殖力の強さと北米に天敵がいなかったことから爆発的に広がったといいます。

日本に近い台湾でも、港湾施設に大量に入ってくるコンテナに乗ってきたため今では台湾全土がヒアリの楽天地だとか。う~ん?!、日本も同じなのか。

 

 ヒアリは人を殺すのか?死亡率は?

ヒアリに刺されると火ぶくれのような状態になるようです。強い毒性を持っているのは間違いないのかと。

元々攻撃性も高く、危険を感じると集団で襲ってくる性質をもっているので多数で何回も刺してくるようです。スズメバチの攻撃性のようですね。特に幼児などには、かなり危険な生物といっていいものなのでしょう。

一度刺されたことがある人が、時を経て再び刺されるとアナフィラキシーショックで呼吸困難を引き起こし死亡するといったこともあるそうです。

ところで、ヒアリに刺されたことによる死亡率って高いのでしょうか?

0.001パーセント以下で、14万人に1人程度の確率だそうです。

報道されている内容だと、相当怖い存在のようなイメージのヒアリですが、意外と死亡にまで至る確率は低いといえます。

でも、刺されると1週間位は痛い思いをしなければならないし、運悪くアナフィラキシーショックで呼吸困難なんて絶対イヤですよね。病院送りは間違いなし。

 

 ヒアリは経済にも大打撃?

雑食性のヒアリは農作物や家畜も襲うそうで時には生まれたばかりの家畜の子供も餌にしてしまうほどの食欲旺盛ぶりだそうです。

南米から広がった北米では農作物・家畜の被害とその対策で年間数十億ドルの損失に見舞われているそうですよ。

ヒアリ・・ほとほと迷惑以外の何物でもない生きものですね。

 

 セアカゴケグモは、今どうなった?

平成7年に大阪港で積み荷の木材から、背中に赤い線のある毒を持ったクモが確認されて話題になったセアカゴケグモ。今回のヒアリ同様、全国への広がりが危惧され、何度もニュースになりましたが、今現在はどうなったんでしょうね。

調べてみたら、平成27年にはほぼ全国に繁殖の分布が見られたそうです。やっぱりそうか?日本は住みやすい国。

ついでに、セアカゴケグモでの死亡例も調べてみましたが、被害例は結構出ているそうですが、重篤例や死亡例は日本国内では報告されていないそうです。

確か、セアカゴケグモは、オスではなくメスが危険だったんですよね。記憶によると。

 

 まとめ

ちょっと前は蚊によるデング熱感染が社会問題になりましたが、今年はヒアリ。

考え方によっては、高熱が出る感染症の方が怖いのかと。今年はデング熱どうなんでしょうね。

不愉快であるのは確かですが、ヒアリの毒による死亡率が意外に低いことを知ってちょっとはホットした感じです。

ただ、刺されたらやっぱりイヤなので、刺されないことが一番ですね。

ヒアリだけではない。日本に入れてはいけないドクイトグモ

ヒアリだけじゃない!日本に入れてはいけないアリがいる

ヒアリは火災の危険も!好きな食べ物は?仰天の生態が明らかに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。