インクスケープ初歩の初歩!イラストはパーツ作成から(続編)

   2017/07/08

インクスケープ初歩の初歩!イラストはパーツ作成から(続編)
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

無料の高性能ドロー系ソフトインクスケープ
の魅力にすっかり取りつかれてしまった私。

少しの間に色々試してみて、いろんなことが
段々わかってきました。

そうはいっても、まだまだ初歩の初歩の域を
脱したわけではありませんが。

この手のソフトは、「習うより慣れろ」・・
そのことだけはよく分かった気がします。

ヘタクソながら、猫の顔のイラストを描いて
みて、こんなところで実感しています。

それは、

インクスケープ イラスト描いてこれが分かった
・イラストはパーツの集合体だという感覚
 が絶対的に必要

・元に戻す(ctrlキー+Zキー)の頻度

・複製機能(ctrlキー+Dキー)の頻度

・グループ化(ctrlキー+Gキー)の頻度

・拡大縮小(ctrlキー+マウスホイール)の頻度

・左右移動(shiftキー+マウスホイール)の頻度

・選択ツールの重要性(変形・反転・レイヤーの
 順序などの使用頻度)

インクスケープ初歩の初歩の私ですが、上記の
操作などは、すごく上達したと思います。

今回は、前回作った猫イラストの顔の輪郭に
顔のパーツを作って、それらを配置して完成
させてみたいと思います。

 猫のイラスト(顔のパーツを作って配置)

顔のパーツを作る前に顔の輪郭も、再度調整
しながら始めていきます。

前回、輪郭を作った時に全部のパーツを
グループ化してありますので、配置し直す
ために一度グループ化を解除しておきます。

グループ化を解除すると次のようになります。

顔の輪郭を変形、耳の配置を変更してみました。

1.目のパーツを作る。

 円/弧ツールで、ctrlキーを押しながら正円
 を描きます。(薄黄色)
 
 選択ツールに切り替えctrlキー+Dキーで
 複製し少し小さくして黒色に変えます。
 
 さらに黒円をctrlキー+Dキーで複製して
 薄い灰色に変えます。
 
 3つの円を図のように重ねたらctrlキー+
 Gキーでグループ化
 
 グループ化した目の画像をctrlキーを押し
 ながら縮小してからctrlキー+Dキーで複製
 
 複製した目を水平反転してもう一方の目
 とします。

2.鼻のパーツを作る

 多角形ツールで三角形を描きます。
 
 ツールコントロールバーの丸めの数値を
 0.15にして角を丸めます。
 
 選択ツールで変形して縮小させます。

3.口のまわりを作る

 ペンツールを使って3方向に延びる線を
 書きます。
 
 ノードツールを使って斜め下に向かう線を
 変形します。
 
 フィル/ストロークダイアログを表示して
 ストロークスタイルで線の太さを変えます。
 
 選択ツールを使って縮小させてから鼻の
 下に配置します。
 
  ノードツールを使ってパスを編集する
  技術が必要です。慣れるまでちょっと
  大変かもしれません。グリッドラインを
  使って位置を確認しながら調整するのも
  ひとつの方法かと思います。

4.口の周辺にグラデーションをかける

 まず、選択ツールで一番下の円を選択して
 から、ツールコントロールバーの「選択
 オブジェクトを前面に一段階移動」
 押して、最下層から一段上に移します。
 
 グラデーションツールで放射グラデーショ
 ンを選んで図のように配置。
 
 グラデーションハンドルの中央の色を白色、
 周りの色は猫のベース色の肌色を選びます。
 

5.ほっぺに点々を入れる

 ほっぺの点々は鉛筆ツールで、適当な場所
 でctrlキーを押しながらワンクリックすると
 点ができます。

  ペンツール、鉛筆ツールは失敗すると
  画面から線が離れなくなりますが、
  そんな時は、ctrlキー+Zキーで
  元に戻して下さい。

6.髭をつける

 ペンツールを使い3本の直線を描きます。
 
 ノードツールに切り替え曲線にします。

 フィル/ストロークダイアログを表示して
 ストロークスタイルで線の太さを変えます。

7.トラ模様を入れる。

 この作業が一番簡単です。円/弧ツール
 細長い楕円を作ります。
 
 選択ツールに切り替え、楕円を選択したら
 必要な本数をctrlキー+Dキーで複製
 
 その中の一本は少し回転させて角度をつけ
 複製してから水平反転させます。
 
 さらに他の一本は90度回転させてから
 ctrlキー+Dキーで何本か複製しします。
 
 作った楕円を顔の中に配置して長さを調整
 していきます。

これで一通りできました。一番最初に描いた
猫のイラスト画は、顔のパーツの形状や配置
に問題があったり、

そもそも「描いてやるぞ~」って気持ちで
一所懸命に描こうとしていました。

でも、イラスト画像の基本的考え方は、
パーツの集合体である事への理解だという
事がわかりました。

これが、わかると意外と簡単に描けるように
なるみたいです。(少し実感)

グループ化していないと、これだけたくさんの
パーツで組み立てられているのがわかると
思います。

点線部分はそれぞれのパーツであることを
表しています。

完成したら、すべてのパーツを囲うように
ドラッグして選択してctrlキー+Gキーで
グループ化しておくことを忘れないように
してください。

あとは、「習うより慣れろ」ですね。
画像作成を仕事にしてる人が羨ましいです。

ではまた。

【インクスケープの関連記事】

・インクスケープでベクター画像作成?無料の高性能ドローツール?

・インクスケープ初歩の初歩、フィルやストロークの扱い方

・インクスケープ初歩の初歩!多角形ツールとグラデーション

・インクスケープ初歩の初歩!グラディエーション機能の続き

・インクスケープ初歩の初歩!イラスト描いてみて気づいたこと。

・インクスケープ初歩の初歩!イラストはパーツ作成から

・インクスケープ初歩の初歩!文字で写真を切り抜く

・インクスケープ初歩の初歩!パターンを作ってみる

・インクスケープ初歩の初歩!球体を描いてみる。

・インクスケープ初歩の初歩!よく使われているテキスト文字を作る

・インクスケープ初歩の初歩!ペンツール辺りを少し理解(その1

・インクスケープ初歩の初歩!ペンツール辺りを少し理解(その2)

・インクスケープ初歩の初歩!シンメトリーなハート型を描く

・インクスケープ初歩の初歩!吹き出しツールがこんな場所に

・インクスケープ初歩の初歩!桜の花のイラストを作る

・インクスケープ初歩の初歩?フィルター機能で額縁を作る

・インクスケープ初歩の初歩!香箱ねこイラストと曲がるテキスト

・インクスケープ初歩の初歩!チェーン(鎖)を描く

・インクスケープ初歩の初歩!選択ツールの機能に新たな気づき

・インクスケープ初歩の初歩!凹凸立方体を練習、学びのポイントは?

・インクスケープ初歩の初歩!ありえない輪を練習してみた

・インクスケープ初歩の初歩!絡み文字を練習してみた。

・インクスケープ初歩の初歩!不思議な六角形を練習してみた

・インクスケープ初歩の初歩!中心を波型に抜いた球体を練習してみた

・インクスケープ初歩の初歩!写真に輪郭線と影をつける

・インクスケープ初歩の初歩!月桂冠のような輪を作る

・インクスケープ初歩の初歩!抽象的な輪を練習してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。