Gimp2.8でシャボン玉に埋め込んだ画像にレイヤーモードを試してみた

   2017/07/08

Gimp2.8でシャボン玉に埋め込んだ画像にレイヤーモードを試してみた
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

シャボン玉の画像を使って球体の中に他の画
像を埋め込んで、さらにレイヤーモードを
試してみました。

一見聞きなれないレイヤーモードという機能
ですが、これを自由自在に操れるようになる
と、

ただでさえ高性能のGimp2.8の利用価値の幅
が格段に上がるそうです。

覆い焼き、加算、乗算、オーバーレイ、微粒
結合などちょっと難しい言葉がいっぱい出て
きますが、自動機能のようなので早速試して
みました。

これは、例によって自らの後日のための備忘
録として残しておきたいと思います。

1.背景画像はシャボン玉画像、まずはこの
画像をGimp2.8に取り込みます。

2.シャボン玉の中に埋め込むクリスマスケ
ーキの画像を取り込みます。
(※レイヤーとして開く)

クリスマスケーキの画像は、拡大縮小ツール
でシャボン玉の中に納まる大きさに縮小して
隅によけて置いておくかレイヤー自体を非表
示にしておきます。

※予めシャボン玉の周囲にガイドラインを
付けておくと作業しやすいですね。

3.楕円選択ツールでシャボン玉の周囲を囲
って選択します。

4.隅によけておいたクリスマスケーキの画
像を移動ツールで楕円選択範囲内に移動。

5.「編集」「切り取り」またはctrlキー
を押したままXキーを押して切り取ります。

6.新規レイヤー(透明)を1枚追加します。

7.新しく追加した透明レイヤーに切り抜い
たクリスマスケーキを貼り付けます。

「編集」「貼り付け」またはctrlキー
を押したままVキーを押して貼り付けます。

8.フローティング選択範囲がレイヤーダイ
アログ内に現われますので、下の錨のマーク
で固定させます。

9.切り抜き前のクリスマスケーキの画像レ
イヤーは不要ですので、削除するかひとまず
非表示にしておきます。

10.レイヤーダイアログの右上に「モード」
のプルダウンメニューを開くマークがありま
すのでそれをクリックしてプルダウンメニュ
ーを展開させます。

11.今回は「微粒結合」というレイヤーモ
ードを選んでみました。

12.以上の要領を繰り返して、クリスマス
プレゼントやサンタクロースの人形を別の
シャボン玉に埋め込んでレイヤーモードを
かけてみました。

これを覚えるといろいろな場面で応用が利き
そうな気がします。

 

【 Gimp2.8のビギナー備忘録 】(関連記事です)

初めてのGimp2.8で画像切り抜きと縁ぼかしの方法を備忘録に

Gimp2.8のファジー選択ツールで画像を切り抜き背景透過の備忘録

Gimp2.8で写真画像に放射状に霧がかかったようにする方法の備忘録

Gimp2.8のパスツールを使って写真画像から人物を切る抜く

Gimp2.8の自由選択ツールで人物切り抜きをやってみたので

Gimp2.8で写真画像に文字入れてブレンド、文字縁を入れる【前編】

Gimp2.8で写真画像に文字入れてブレンド、文字縁を入れる【続編】

Gimp2.8でテキストを3D化する方法にはこんなやり方も

Gimp2.8、画像を油絵化、額縁をつけて装飾文字をつけてみたが

Gimp2.8のモーションぼかしを使ってこんな作品を

Gimp2.8で青空の写真を切り取って地球のような青い惑星の球体にする

Gimp2.8の前景抽出選択ツールで写真の切り抜きにチャレンジ

Gimp2.8の前景抽出選択ツールと着色を使ってクルマの色を変える

Gimp2.8で光源の位置によるテキスト文字の影の角度にこだわる

Gimp2.8パスで切り抜いた写真に右斜め上に伸びる影をつけてみた。

Gimp2.8にパターンの種類を追加する方法の備忘録を残す。

Gimp2.8のパターンを使って打ち出し文字に挑戦してみた

Gimp2.8で金色のかっこいい立体文字に挑戦してみた

Gimp2.8で凹み文字はこのフィルターの機能が一番か?

Gimp2.8でグラデーションを創って背景画像に挑戦してみた

Gimp2.8で人物写真の髪の毛の細かな切り抜き透過に挑戦

Gimp2.8で赤銅色のハニカム網に文字をつける方法に挑戦してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。