Gimp2.8で青空の写真を切り取って地球のような青い惑星の球体にする

   2017/07/08

%e7%90%83%e4%bd%93

Gimp2.8で青空の写真を切り取って地球のような青い惑星の球体にする
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

無料の高性能画像処理ツールGimp2.8の能力
のスゴさのほんの一部分しか知らない私。

ですが、少しずつでも分かってきたせいか、
弄りだすと止まらない状況で寝不足気味。

今回は、青空の写真を正方形に切り取って
から、地球のような青い惑星状の球体にする
方法を学びました。

例によって、後日のための備忘録を残して
いるわけです。

元の写真はこの青空写真

e4385e9aeaf0b9c4d551368de5852709_s

それが地球のような青い惑星の球体のように
なるんです。

%e7%90%83%e4%bd%93

1.予め用意しておいた青空の画像を開き、
ツールボックスの「切り抜き」ツールで
写真を正方形に切り取ります。

1
2

縦横比を1:1にして、サイズを縦330px
横330pxで切り取ってみました。

2.メニューの「フィルター」「マップ」
「オブジェクトにマップ」をクリック

3

3.オブジェクトにマップのダイアログが
現われたら、一般設定の「マップするオブジ
ェクト」を平面から「球体」に変更。
「背景を透明に」にチェックを入れる。

操作による変化が一目でわかるように
「プレビュー自動更新」にチェックを入れて
おきます。

4

4.「なめらかに」では、深度を4、しきい
値を1.450にしてみました。

5

5.光源タブをクリックして開き、光源種を
「点光源」、光源食は白色、位置のz値のみ
「1.00」に変更してみました。

6

6.物質タグをクリックして開き、反射性の
ハイライトだけ、「1.70」に変更して
みました。

7

7.向きタグをクリックして開き、位置の
の値を「0.80」に変更、

回転は、xyzのそれぞれの値を変更しなが
ら好きな向きに変更しました。

8

OKをクリックして球体化させます。

9

背景の青空画像をレイヤーダイアログの
目の表示を非表示にすると、背景が透明の
球体画像のみが表示されます。

10

あまりにも簡単に球体化出来てしまうので
ちょっと拍子抜けですが、

地球のような青い惑星状の球体がいとも簡単
に出来てしまうGimp2.8の能力。

さらに深みにハマりそうです。

 

【 Gimp2.8のビギナー備忘録 】(関連記事です)

初めてのGimp2.8で画像切り抜きと縁ぼかしの方法を備忘録に

Gimp2.8のファジー選択ツールで画像を切り抜き背景透過の備忘録

Gimp2.8で写真画像に放射状に霧がかかったようにする方法の備忘録

Gimp2.8のパスツールを使って写真画像から人物を切る抜く

Gimp2.8の自由選択ツールで人物切り抜きをやってみたので

Gimp2.8で写真画像に文字入れてブレンド、文字縁を入れる【前編】

Gimp2.8で写真画像に文字入れてブレンド、文字縁を入れる【続編】

Gimp2.8でテキストを3D化する方法にはこんなやり方も

Gimp2.8、画像を油絵化、額縁をつけて装飾文字をつけてみたが

Gimp2.8のモーションぼかしを使ってこんな作品を

Gimp2.8の前景抽出選択ツールで写真の切り抜きにチャレンジ

Gimp2.8の前景抽出選択ツールと着色を使ってクルマの色を変える

Gimp2.8で光源の位置によるテキスト文字の影の角度にこだわる

Gimp2.8パスで切り抜いた写真に右斜め上に伸びる影をつけてみた。

Gimp2.8でシャボン玉に埋め込んだ画像にレイヤーモードを試してみた

Gimp2.8にパターンの種類を追加する方法の備忘録を残す。

Gimp2.8のパターンを使って打ち出し文字に挑戦してみた

Gimp2.8で金色のかっこいい立体文字に挑戦してみた

Gimp2.8で凹み文字はこのフィルターの機能が一番か?

Gimp2.8でグラデーションを創って背景画像に挑戦してみた

Gimp2.8で人物写真の髪の毛の細かな切り抜き透過に挑戦

Gimp2.8で赤銅色のハニカム網に文字をつける方法に挑戦してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。