豊洲新市場問題、指示を受けたのは誰?それはいつ?で追求すれば?

   2016/10/30

豊洲新市場問題、指示を受けたのは誰?それはいつ?で追求すれば?
というタイトルで綴っています。

plt16081620300002-p1

こんにちは、みらじです。

小池ゆり子東京都知事のA4用紙5枚の質問
状に対して、

石原慎太郎元東京都知事の回答書がA4用紙
3枚でなされたことから

豊洲新市場問題がまたまたクローズアップ…

朝からワイドショーでも中心話題として延々
と取り上げられています。(賑やかですね~)

オリンピック競技施設問題、宇都宮の爆弾事
件、元女優の大麻所持事件

次々と話題に事欠きませんが、豊洲新市場問
題が、石原元都知事の回答書から再び再燃。

でも、だいたい予想はしてた内容でしょうか。

多くの人は「そんなところだろッ!」って
感じているかもしれませんね。

「ここはこうだったんじゃないか・・・」、

「この部分は記憶にない・・・」

「副知事に任せていたから分からない・・・」

正確には回答書通りの表現ではないですが、
ニュアンスとしてはこういう内容ばかり。

小池都知事も、こんなことが知りたくて質問
状を出しているわけではないし、それも織り
込み済みでしょうけど。

石原元都知事も重々承知の上で、こんな回答
をしているんでしょうね。

こういうのを本当の「茶番劇」っていうのか
もしれませんね。

核心にたどり着くにはおよそ程遠い内容。

おそらく、犯人捜しはある一定のところで
ピリオドを打たれる可能性もありますよね。

でも、

一連の豊洲新市場問題のニュースをずっと
見聞きしていて、ふと疑問が湧いてきました。

それは、

いつも追及の対象になっているのは、

「誰が」、「いつ」指示したのか・・・

その視点・切り口ばかりだと思いませんか?

盛土であるはずの市場施設の地下が空間に
なっていたという事実は、

本来なら都知事や副知事、都の市場関係者幹
部が知っているのが当然という先入観からか

「誰が」、「いつ」指示したのか・・・

そんな発想で固定化されるんじゃないかなっ
て思うんです。

でも、正直に白状したら都合の悪い人たちを
相手に真っ向勝負を挑んでも所詮は無理な話
ですよね~。

最高責任者だったであろう石原元知事の回答
書、まるで他人事じゃないですか。

都民の血税を何千億使ったプロジェクトの
最高責任者がこんな回答書しか出さないんで
すよ。

‟記憶にございません”って「ロッキード
事件」とか「リクルート事件」かよッ!

だから思うんです。

素人の考えに過ぎないと思われるかもしれま
せんが・・・

指示した人間を追いかけるのではなく、指示
を受けた人間を追い求めてはどうなのかと。

 

 

 指示を受けたのは誰?それはいつ?

指示したのは「誰?」それは「いつ?」を
追い求めても埒(らち)が明かないのなら、

指示を受けたであろう人物を徹底的に洗い出
した方がいいんじゃないでしょうか。

指示を受けた側は「誰?」それは「いつ?」
を徹底的に追い詰めていった方が早いんじゃ
ないかなって・・・

72b39af12bf240b4e57ada113a07a990

都はまさしく伏魔殿、正常な機能はもはや
期待しても無意味でしょ。

重要な記録までも黒塗りにしちゃう上に、
揃いも揃って口にチャックまでしているん
だから本当のことは絶対言わないでしょ。

隠した事実を本当に墓場まで持っていかれ
ちゃいますよ。

自浄能力が欠如しているところをいくら突
いてみても無意味なんだったら、

指示を受けた側を徹底的に暴いていかないと。

指示を受けた側って?・・・・

例えば、設計を請け負った者、建築を請け
負った者やその関係筋ですよ。

だって、発注者であって施主である東京都
に内緒で勝手に地下空間なんて造れるはず
ないんだから。

必ず指示を受けてやってるんだから、その
指示を受けた者を最下層部から当たって
いけばいいんじゃないでしょうか。

もちろん東京都のような巨大組織から入札
形式で仕事を請け負う側だから、

簡単にペラペラしゃべってくれるとは思え
ませんが、

丁寧に一つ一つの小さな情報を潰していけ
ば、どこかで必ず何かの情報にぶつかって、

そのぶつかった小さな情報から、次第に先
の繋がりが綻びとなって見えてくる。

それがいつしか巨大な闇の主であるトラの
尻尾を踏んでいた・・・

なんて、そんな展開になったらスゴイですよ
ね。未曽有の大疑獄事件の始まりってね。

o0960072013758792756

素人なので詳しくありませんが・・・

こういうことって、被疑者不詳で刑事事件
として告発できないんですかね。

8月ごろの週刊文春だったか、豊洲移転の
問題が取り上げられ始めたころ、

競争入札の落札率がほぼ100%に近い
ことが記事になってましたが、

官製談合としか考えられない、あり得ない
ことが事実として起こっているわけでしょ。

叩けば、必ずホコリが出てくるんじゃないか
って思います。(思いっきり叩いてほしい)

今やるべきなのは、指示した側ではないかと
思われる人間に向けられてるベクトルを

指示を受けた側に向ける事ではないでしょう
か。

「必ず誰かがコクる」「永遠の秘密はない」
そういう信念をもって

指示を受けたのは「誰?」それは「いつ?」
なのかを追求してもらいたいものですね。

 

 

 まとめ

ということで今回は、小池東京都知事の質問
状に対する、石原慎太郎元都知事の回答書
から再燃してきた豊洲新市場問題について

完全に私的感想文になってしまいましたが、

豊洲新市場問題指示を受けたのは「誰?」
それは「いつ?」で追求すれば?

という視点・切り口を変えたテーマで書いて
みました。

でも、東京都に限った問題でもないのかも
しれないが、

何千億円にも上るプロジェクトの肝の部分を
、主体である当事者(東京都)の誰も知ら
ないなんてね。

まあ、そんなことは誰も信じちゃいないけど。

本当に‟恥を知れ”って言いたいほど大ウソ
つきだと思いますよ。

役人は納税者の下僕そのものであって、それ
以上でもそれ以下でもない・・・。

その事を本当に肝に銘じてほしいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。