吉田羊に靴下というキーワード?冷えの解消運動紹介。

   2016/10/30

吉田羊に靴下というキーワード?冷えの解消運動紹介。
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

吉田羊さん。今ではすっかり売れっ子女優
さんになっちゃいましたね。

たまたま吉田羊さんを検索したら「靴下」
いうキーワードがありました。

何コレ?って思ったのでちょっと調べてみる
ことに。

やっぱりそうか(自画自賛)。

『冷え』・・・そろそろ季節ですよねぇ。

ということで、今回は女優の吉田羊さんも
悩みの種になっているらしい『冷え』

その解消にどんな靴下を愛用しているのか

さらに、冷え解消のための運動をみつけた
ことなどを語ってみようと思います。

実は『冷え』は女性だけでなく、男性にも
あるんですよね。

自分も男なんですが、いつも手足が冷たい。
夏場でもそうなんです。なのでいつも靴下。

昔、手が冷たい人は心が温かいなんて話があ
りましたけど・・・嘘かなぁ~。

それじゃボチボチ書き始めますね。
暫しお付き合いのほどお願いいたします。

 吉田羊さんに靴下というキーワード

人物検索をしていると、何コレ?っていう
キーワードが出てきて本当に楽しいですが、

たまたま吉田羊さんを調べていて気になった
キーワードが「靴下」

「必殺重ね履き!」こんな人の話もよく聞く
ところですが、吉田羊さんもその一人。

しかも1~2枚なんて甘い甘い・・

本格的な「冷え取り靴下セット」を採用とか。
(へぇー!そんなの売ってたんだぁ?)

吉田羊さんは冷え取り靴下を次のように
使っているみたいです。

絹五本指→綿五本指→絹先丸靴下→綿先丸靴下

と、これをワンセットとして×2だとか。

合計8枚って、もはやお化けでしょ。

更に、仕上げに毛糸の靴下。見た目は毛糸で
できたスキーブーツみたい。
(吉田羊さんのブログの写真を見ての感想)

ここまでとは・・・・

どおりで、吉田羊さんには靴下ってキーワー
ドが出てくるはずです。

でも分かるな~この気持ち。

足の冷えってどうしようもないんですよね。

コタツに入ってても、布団に入ってても本当
に中々温かくならない。

足が温かいと感じるのは、かろうじてお風呂
に浸かっているときだけですからね。

私もいつも足の指を曲げたり伸ばしたりして
少しでも血行が良くなるようにと空しい努力。

いつもいつも、なんとかしてくれ~って感じ。

でも、

最近ちょっと明るい兆しが・・・・

 冷え解消のための運動?

たまたまTVを見ていたら、ふくらはぎが
第二の心臓だって知ってしまったことから

じゃぁ!ふくらはぎを鍛えれば血行が良くな
って冷え解消になるんじゃないか?って・・

そんな風に考えた私は、

普通はあまりやらないちょっと変わった運動
をするようにしてみたんです。

どんな運動かというと・・・

立ったまま(キツければ椅子に座ったままでOK)
つま先立ちとかかとをつけることを繰り返す
簡単な運動。でも50回位やるとキツイです。

これは、足の指の曲げ伸ばしでは改善されな
かった冷えが大分緩和されるようです。

緩和されるようです・・・と言ったのは、

実はこの運動を始めてから、まだ一度も冬の
季節を迎えていないので、

本当に寒さの厳しい冬場の冷えに効果がある
のか、まだ分からないんです。

でも、夏場でも冷たかった足の爪先がちょっ
と温かく感じているのは確かなので、効果を
期待しているところなんです。

もし良かったら試してみてくださいね。

ただし、注意点が2点ほど・・・

最初のうちは筋肉痛に気を付けてください。
簡単な運動だと思って舐めてたら、数日間
筋肉痛で困っちゃいました。

ふくらはぎの屈伸運動をやったら、そのあと
ふくらはぎを十分伸ばしてあげることを
お忘れなく。

もう一点は、やり過ぎると、ふくらはぎが
シシャモのお腹のようにプクって発達しちゃ
いますので、

特に女性の方は気を付けながらやった方が
いいと思います。

今日もふくらはぎ運動やってますが、つま先
の冷えは緩和されている状態です。

 まとめ

ということで、今回は、女優の吉田羊さんも
戦っている「冷え」をテーマにして

吉田羊さんのキーワードにもなっている靴下
についてや

冷えの解消になるだろう運動についてご紹介
する記事を書いてみました。

そういえば吉田羊さんが出演中のNHK大河
ドラマ「真田丸」も、あと2か月ほどで
大詰めなんですよね。

吉田羊さんの、ちょっと生意気な奥方ぶりが
とってもハマリ役だなって思ってましたが

もうすぐ終わっちゃうのかと思うとちょっと
寂しいですね。

でも、吉田羊さんのオフィシャルブログ
をみつけて、中味の面白さを知ってしまった
ので、随時閲覧させてもらおうと思います。

ではまた、次のお話で・・・

最期までお読みいただき誠にありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。