藤竜也はマッチョ俳優の先駆け?夢中だったあの趣味の今は?

   2016/09/18

藤竜也はマッチョ俳優の先駆け?夢中だったあの趣味の今は?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

藤竜也さんといえば、昭和30年代の後半頃
から、多くの映画に出演されてきた

日活の生え抜き俳優の一人として知られて
いる方ですね。

≫藤竜也さんの画像はコチラ

任侠ものや若者の暴力的な一面をテーマとす
る映画には欠かすことができない逸材で

凶暴な悪役・用心棒・ムショ帰りといったら
まさに藤竜也さんの真骨頂って感じで

当時子供だった私も、藤竜也さんって実物も
本当に怖い人なのかと思ってました。

でも、強くて悪い男っていうのは、いつの時
代でも女性のハートを揺さぶるようで

若い頃の藤竜也さんを大好きだという女性
ファンが多かったのを憶えていますね。

その時は「なんでなんだろう」って不思議に
感じていたのを今も憶えています。

モテモテだった藤竜也さんは、日活の黄金期
を代表する女優の一人芦川いづみさんと19
68年されています。

藤竜也さんより6つ年上の姉さん女房の芦川
いづみさん。

≫芦川いづみさんの画像はコチラ

結婚後は全然お出になりませんが、昔の画像
を見ると、とても素敵な女性ですよね。

1970年(昭和40年)以降は、TVドラ
マにも活動の場を広げた藤竜也さん

ホームドラマや刑事もの、時代物などあらゆ
るジャンルのドラマで、

振り幅の広い演技力と大きな存在感を示し、
75歳になる今も現役でご活躍中です。

今回は、そんな俳優の藤竜也さんについて

・マッチョ俳優の先駆け?

・夢中だったあの趣味の今は?

などの話題を中心に書いてみたいと思います。
暫しお付き合いのほどお願いいたします。

 

 藤竜也はマッチョ俳優の先駆けだった?

最近では、俳優さんばかりでなくミュージシ
ャンやお笑い芸人など

裸体を必要としない人たちまでがマッチョを
売りにするようになっていますね。

ダウンタウンの松本人志さんや、雨上がり
決死隊の宮迫博之さん、オードリーの春日
さんなども、いつの間にかマッチョに。

T.M.Revolutionの西川貴教さんやGACKTさん
などミュージシャンの方々も

割れた腹筋の画像をインスタグラムなどで
披露しています。

俳優さんでは、2013年のNHK大河ドラ
『八重の桜』

会津藩士の山本覚馬を演じた西島秀俊さんは
劇中で鍛え抜かれた細マッチョ姿を披露。

女性ファンの方たちの心を鷲掴みにしたこと
は、記憶に新しいところですよね。

『海猿』の主演の伊藤英明さんや、『テルマ
エロマエ』の主演の阿部寛さん、

『俺物語!!』の主演の鈴木亮平さんなども、
マッチョ俳優としてとても人気ですよね。

他にも多くの有名人の方々が、マッチョにな
って色々な場面で裸を見せるように・・・

最近CMを見かけなくなりましたが、きっと
ライザップ効果なんでしょうね。

実は、藤竜也さんは、そんなマッチョ俳優の
先駆者だったそうです。

≫藤竜也さんのマッチョ時代の画像

悪役なども多かった俳優の藤竜也さんは、
役柄上当然付きまとうハードアクションなど

身体や体力上、かなり負担になる演技をこな
す必要上、体を鍛えることが必須となり

見せるための体作り以外にも、自身を守るた
めにも体作りが大切だったようです。

当時、ストイックに鍛え抜かれた体でファン
を魅了する藤竜也さんのような俳優さんは

今のように一般的でなく、むしろ珍しい存在
として人々に受け入れられたと思います。

 

 夢中だったあの趣味の今は?

ストイックなまでに体を鍛え上げ、マッチョ
俳優の先駆けとなった藤竜也さん。

ひとつのことに「これだッ!」と思ったら、
トコトン突き詰めなければ気が済まないタイ
プの方のようで、

それは趣味の分野でも現われたようです。

藤竜也さんを検索すると「陶芸」という二文
字が関連付けられてきます。

そう、藤竜也さんは「陶芸」に魅せられ、夢
中でその趣味を追求していくことに・・

体作りと一緒で、藤原竜也さんの陶芸への思
い入れは、普通の人の趣味の域を超え

横浜そごうで個展を3回も行い、同時にチャ
リティー目的の展示即売会を行うなど

プロ陶芸家顔負けの精力的な行動を示します。

4年に一度ペースで行われる個展に出品する
作品の数は、多い時には700点を超え

即売会の収益はユニセフに寄付されていた
ということです。

50歳を過ぎてから、独学で陶芸を研究し、
自宅の庭にまで作り、

自宅の裏に2階建ての陶芸専用工房まで建て
夢中になっていた趣味の陶芸。

現在はというと

「飽きた」という理由で、もうやっておられ
ないそうです。

せっかく建てた陶芸専用の工房も今はなくな
って更地状態。「兵どもの夢のあと」だとか。

夢中になっていた趣味の陶芸をやめてしまう
何かの理由でもあったのでしょうか。

その辺の事情を調べてみましたが、陶芸を
やめた理由がわかる情報はなさそうですね。

本格的に没頭しすぎて疲れちゃったのかも
しれませんね。

でもこのまま続けていれば、人間国宝とか
魯山人の再来とか、あったのかも。

 

 まとめ

ということで、今回はまたまた昭和時代に
こだわって、

昭和の名優で75歳になられる現在も、元気
にご活躍の俳優の藤竜也さんについて、

若い頃はマッチョ俳優の先駆けだったこと

夢中で没頭してたあの趣味は今どうなった

という二つの話題でまとめてみました。

大きな存在感を示す“渋~い”俳優の藤竜也
さん。

昭和時代に活躍していた俳優さん達がどんど
ん少なくなってきている現在においては

とても貴重な俳優さんの一人だと思います。

今後の益々のご活躍も応援したいですね。

最後に

藤竜也さんのプロフィール

・本名     伊藤龍也(いとうたつや)
・生年月日   1941年(昭和16年)8月27日
・干支・星座  巳年[へび]・乙女座
・出身地    神奈川県横浜市(生まれは中国北京)
・身長     174cmcm
・血液型    O型
・所属     藤竜也エージェンシー
・家族     妻(元日活看板女優の芦川いづみ)
・趣味     スキューバダイビング・書道・絵画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。