露口茂、山さんが懐かしい!出演作や経歴を見てみたが

   2017/07/25

露口茂、山さんが懐かしい!出演作や経歴を見てみたがというタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

露口茂さんという俳優さんを憶えておられますでしょうか。

≫露口茂さんの画像はコチラ

ドラマ『太陽にほえろ』を毎週楽しみに見ていた世代の人たちにとっては露口茂さんが演じる山村精一警部補、通称「山さん」の渋~い役柄は、鮮明な記憶として残っているのではないでしょうか。私もそんな一人ですが。

TVや映画などで見かけなくなって久しい露口茂さん。

映画は1992年の『不意の旅人』、TVドラマは、1996年の『木曜の怪談』、これらの作品を最後に事実上の引退状態になっているようです。

NHKBSプレミアムで、繰り返し再放送されている『シャーロック・ホームズの冒険』主人公ホームズ役の俳優ジェレミー・ブレッの声の吹き替えをしていた露口茂さん。

再放送のため最近まで聞いていたこともあり、とても馴染み深いところですが、1988年の作品で、ジェレミー・ブレットさんも1995年に亡くなられています。

1932年生まれで、今年84歳になられる露口茂さんについて懐かしい山さん(太陽にほえろ)の記憶や出演作や経歴を見てみたが・・・などについて書いてみたいと思います。

 

 露口茂、山さんが懐かしい!

1972年(昭和42年)にスタートし14年も続いて日テレの看板番組となった『太陽にほえろ』1987年52歳で亡くなった石原裕次郎さん(ボス)を中心にNo.2の露口茂さん(山さん)、竜雷太さん(ゴりさん)、下川辰平さん(長さん)、小野寺昭さん(殿下)らがメインキャストとして出演。

それ以外に若手刑事が加わり、新宿を舞台に凶悪事件に立ち向かう七曲署の刑事たちを描く刑事ドラマが『太陽にほえろ』。このドラマの特徴は、若手刑事が次々と殉職していき、最後のシーンが、かなり衝撃的に描かれるというところでした。

ドラマの中で殉職した若手刑事(あだ名)は

マカロニ刑事(萩原健一さん)
ジーパン刑事(松田優作さん)
テキサス刑事(勝野洋さん)
ボン刑事(宮内淳さん)
ロッキー刑事(木之元亮さん)
ボギー刑事(世良公則さん)
ラガー刑事(渡辺徹さん)

などの蒼々たる面々、次回予告編で殉職シーンの触りが紹介されると一週間が待ち遠しくて仕方がなかったのを思い出します。

ドラマの中で殉職していったのは、若手ばかりではなく、メインキャストの殿下(小野寺昭さん)は
414話目で、ゴりさん(竜雷太さん)は525話で殉職。いつも冷静沈着で、推理力抜群、相手の心理を見抜き自白に追い込む術に長けた『落としの山さん』と言われた露口茂さんが演じる山村刑事も691話で殉職するんです。

山さんの最後のシーンは、けん銃密輸事件を摘発された暴力団組員による報復で撃たれてしまいます。遠のいていく意識の中で、見つけた公衆電話から、里子として育てている子供に電話。

「もうすぐ帰るからな」と伝え電話を切るとそのまま倒れこむように絶命するんですね。

今思えばとても懐かしい露口茂さんの山さん。機会があるなら、もう一度見てみたい『太陽にほえろ』です。

 

 出演作や経歴を見てみたが・・

1950年代からテレビ、映画、ラジオなど「これでもかッ!」ってほど出演作の多い露口茂さん。特にテレビドラマなどは、優に200本近い出演数にのぼると思います。

でも、

大活躍していた時代が1960年代とあって半分以上の出演は1970年より以前に集中しています。つまり、タイトルなどを見ても聞いても、さすがにピンとこないものも多いですね。

東芝日曜劇場など、家電メーカーがメインスポンサーになっているようなドラマなど初期の頃の作品は、ほとんど分かりません。65歳以上とかの、かなり年配の方たちでないと憶えておられないかもしれませんね。かろうじて憶えてるドラマ番組だと『ザ・ガードマン』とか『キイハンター』などです。

当時の子供たちの間でも人気番組でしたから。あと、露口茂さんの出演作で印象に残っているところだと、『同心部屋御用帳 江戸の旋風II』辺りはよく記憶していますね。『太陽にほえろ』の山さんのような、推理力と洞察力を持った同心の役だったんですよね。

時代的にも『太陽にほえろ』と被っていた頃で1970年代の後半ごろでしたし。

1980年代に入ると露口茂さんは、多くの2時間ドラマにも出演されていたようです。『木曜ゴールデンドラマ』『火曜サスペンス劇場』『土曜ワイド劇場』などのサスペンスものなどに出演された経歴の多さは、他の2時間ドラマ俳優さんと呼ばれる方々と肩を並べるほどかと思われます。

元々脇役俳優さんとして、それに徹してこられた俳優の露口茂さん。

決して、華々しい感じではありませんが、所々で確かな存在感を示してこられた方で、経歴の至るところがそれを物語っています。

 

 まとめ

ということで今回は、事実上の引退になっている俳優の露口茂さんについて、『太陽にほえろ』での懐かしい山さんの記憶や出演作や経歴を見てみたが・・・などの話題を中心にまとめてみることに
しました。

2001年と2009年に『週刊文春』のインタビュー、

2013年には『週刊女性』のインタビューに応え、元気なお姿を見せている露口茂さん。もう、俳優として復帰するつもりはなさそうですが、とても残念ですね。

復帰ならずとも、またインタビューなどでお元気な姿にお目にかかりたいですね。

最後に

露口茂さんのプロフィール

・本名     露口茂(つゆぐちしげる)
・生年月日   1932年(昭和7年)4月8日
・干支・星座  申年[さる]・牡羊座
・出身地    愛媛県松山市(生まれは東京都)
・身長     175cm
・血液型    B型
・出身劇団   俳優座(同期は田中邦衛や山本学)
・学歴     愛媛大学文理学部人文学科中退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。