いしのようこのデビューの頃や代表作、サスペンスドラマなど?

   2016/10/03

いしのようこのデビューの頃や代表作、サスペンスドラマなど?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです

いつの間にか石野陽子さんから全部平仮名の
「いしのようこ」さんの芸名に変わっていた
いしのようこさん。

(画像は記事下プロフィールからどうぞ)

ステキな歳の重ね方をされているようで、
48歳になる今でも美しくて若いですよね。

この秋から始まるNHK朝ドラ『べっぴん
さん』で久しぶりの朝ドラ出演されます。

いしのようこさんが以前出演したNHK朝
ドラは、1989年の『和っこの金メダル』

2003年の『てるてる家族』の2作品。

(『てるてる家族』は現在BS103で再放
送中、若い時の石原さとみさんや、上野樹里
さんらが出演されてます。懐かしい。)

今回の『べっぴんさん』で3回目の朝ドラ出
演となるいしのようこさんの役処は、

ヒロインすみれの同級生の田坂君枝(土村芳
さん)の結婚相手村田昭一(平岡祐太さん)
の母親の村田琴子を演じるそうです。

田坂君枝(土村芳さん)の姑の役だそうです
姑?イジワルなのかと思っちゃいますが、

石野陽子さんの姑役は、とても優しい姑の役
のようですよ。

ということで、今回は、女優のいしのようこ
さんのデビュー間もない頃のこと

代表作、実はサスペンスドラマにかなり
たくさん出ていたことなどを

調べてみたいと思います。

 

 いしのようこのデビューの頃

いしのようこさん、3人姉妹の次女だそうです。
ある程度年齢の高い方は、ご存知だと思いま
すが、7歳上の姉は石野真子さん。

≫石野真子さんの画像はコチラ

『スター誕生!』出身で、1978年に『狼
なんか怖くない』でデビューして大ヒット
したアイドル歌手の石野真子さんです。

姉の石野真子さんは、歌手の長渕剛さんと
結婚して一時芸能界を引退しましたが、

離婚して再び芸能界に復帰。結婚も離婚も
当時は大きな話題になりました。

いしのようこさんのデビューは、1985年
、姉の石野真子さんに遅れること7年。

松田聖子さんや河合奈保子さん、柏原芳恵
さん、小泉今日子さん、中森明菜さんらに
続く世代としてデビューします。

中山美穂さんや南野陽子さん、斉藤由貴さん
井森美幸さんらと同じころの時代です。

姉の石野真子さんの絶大な人気の後押しも
あったおかげなのか、

いしのようこ(当時は石野陽子)さんのデビ
ューは鳴り物入りって感じで、

すぐに人気者になっていましたね。マスコミ
もこぞって取り上げてました。

でも、アイドル歌手としては、あまり印象に
残っていないいしのようこさん。

姉の石野真子さんが、あまりにもアイドル
歌手として偉大だったせいなのか、ライバ
ルが多すぎた時代だったせいなのか、

いしのようこさんは歌手としてはイマイチ
だったように記憶しています。

 

 代表作、サスペンスドラマなど

いしのようこさんの代表的出演作品としては、

やはり、ドラマ『セーラー服通り』を第一に
挙げる人が多いんじゃないかと思います。

コメディの要素の強い作品でしたが、この作
品で、いしのようこさんの女優としての

センスの良さと、キャパの大きな演技力を世
に示した代表的作品だと思います。

若い頃の小堺一樹さんや名脇役の長塚京三
さん、タノキントリオの野村義男さん

変わったところではNHKアナウンサーの
鈴木健二さんの兄の鈴木清順さんとか

今は民進党の衆議院議員で活躍している蓮舫
さんも女子高生役で出演。

ストーリーの面白さもさることながら、主題
歌で渡辺美里の大ヒット曲「My Revolution」
が使われるなども話題になりました。

ちなみに「あらすじ」は・・・

校則の厳しいことで有名な女子高、
白弓学園の生徒3人が、「つづき春」の
ペンネームで投稿した少女漫画が
雑誌に採用へ。

ところが、漫画に描いた先生たちの
ことがばれて問題化してしまう。

引用元:wikipedia『セーラー服通り』

昔のドラマ作品で、もう一度見てみたい作品
はと聞かれたら、『セーラー服通り』は5本
の指に入ると思います。

代表作『セーラー服通り』でコメディ系の
面白さを知ったと思えるいしのようこさんは

みなさんもご存知のとおり、志村けんさんと
の絶妙なコンビで『バカ殿さま』

『だいじょうぶだぁ』でも本来のお茶目な
性格をふんだんに披露してお茶の間の
人気者になりました。

youtube動画でもたまに見ますが、25年以上
前のコントなのに今でも笑えますね。

1990年代の半ばぐらいからはVシネマ
2時間サスペンスドラマへも活動の場を
広げてきたいしのようこさん。

Vシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』では
探偵事務所の女探偵として出演。

『ミナミの帝王』の主演は竹内力さん・・・

いしのようこさんの代表作『セーラー服通り』
に、竹内力さんも出演していましたが、

後々でこんな繋がりもできるわけですね。

1990年代の半ばごろのいしのようこさん
は、活動の転換期だったのか

・土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
・水曜ミステリー9 (テレビ東京)
・金曜プレステージ (フジテレビ)
・月曜ゴールデン (TBS)
・火曜サスペンス劇場 (日本テレビ)

ほぼ民放各社の2時間サスペンスドラマに
登場する女優さんになり始めます。

薄幸な女性役から、殺人犯人の役など、難し
い役処を次々とこなしていき、

いつのまにか、最後の場面で判明する犯人役
が妙にハマる女優さんになっていました。

あくまで脇役に徹しながらも、存在感のある
役処とその表現力で、

もはやサスペンスドラマに欠かすことが
できない女優さんだといえますね。

 

 まとめ

ということで、今回は、この秋から始まる
NHK朝ドラ『べっぴんさん』にも出演、

長い間の出演経験を通して磨いた演技力で
お茶の間を魅了し続ける女優いしのようこ
さんについて

・デビュー間もない頃の話や

・どんな代表作があるのか

・2時間サスペンスドラマに欠かせない存在

という内容でまとめてみました。

デビュー当時から見てきたいしのようこさん
ですが、30年以上輝き続けており

息の長い女優さんに成長したわけで、世代的
に遠くない自分もなんとなく嬉しくなります。

今後も益々の活躍を期待したいですね。

最後に

いしのようこさんのプロフィール

・本名     石野陽子(いしのようこ)
・生年月日   1968年(昭和43年)2月20日
・干支・星座  申年[さる]・魚座
・出身地    兵庫県芦屋市(実家は会社経営)
・身長     165cm
・血液型    AB型
・所属     グランドスラム
・兄弟姉妹   姉7歳上(石野真子)・妹7歳下(宝乃純)
・趣味     日曜大工・旅行・乗馬・ゴルフほか
・特技     フィギュアスケート

≫いしのようこさんの画像はコチラ

 

NHK朝ドラ『べっぴんさん』には他にこんな方々も出演!

◇ 芳根京子は伸びしろ抜群の新進女優?羽鳥アナの妻と朝ドラを飾る?

◇ 谷村美月の代表作にはどんなものが?表現力や存在感は?

◇ 土村芳、遅咲き女優が朝ドラ大抜擢!ズバリどんな人?

◇ 蓮佛美沙子はオーディション出身?好きなタイプや苗字、特技など

◇ 永山絢斗のデビューのきっかけは?ブレイクした作品は何?

◇ 平岡祐太は主役よりも脇役が好き?福山雅治が命名したあだ名は?

◇ 田中要次は元サラリーマンでボバる俳優!演技力は?愛猫がいる生活

◇ 宮田圭子はどんな女優?出演作や代表作は?

◇ 菅野美穂!芸能界歴が24年以上?懐かしい作品やお気に入りは?

◇ 堀内正美、過去演じた役柄は何故か不気味な青年役が多かった?

◇ 市村正親の子供時代は?父は新聞記者だったって本当?

◇ 中村玉緒という女優と出演ドラマで印象に残ってるのは?

◇ 名倉潤!アンコールワットに顔パスだが、実は本好き日本人?

◇ 滝裕可里は女優なの?デビューのきっかけや出演作、CMなどは?

◇ 生瀬勝久!激やせで病気?それとも役作り?NHKドラマ常連俳優?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。