桐谷美玲のブレイク時期は?主演女優だけど演技が残念って本当?

   2016/08/14

桐谷美玲ブレイク時期は?主演女優だけど演技が残念って本当?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

桐谷美玲さんといえば、モデル・女優・CM
キャラクターの他に、ニュースキャスターも
こなすマルチな逸材として有名ですよね。

(画像は記事下プロフィールから)

子供っぽさの残る小顔のスレンダーの美人で
バラエティやトーク番組出演時などに見せる

その笑顔は、見る人に「とても華がある方」
という印象を与えている気がします。

今回は、ほぼ毎日のようにテレビでお目に
かかる売れっ子の桐谷美玲さんついて

・ブレイク時期はいつ頃だったのか?

・主演女優だけど演技が残念って本当?

などの話題で調べてみたいと思います。

 

 ブレイク時期はいつ頃だったのか?

桐谷美玲さんのブレイクはいつ頃だったのか。
どのタイミングでブレイクしたのか。

その辺から調べようと思ったのですが・・・

その前に、

桐谷美玲さんのデビュー時エピソードが
ちょっと変わっているようなのでその辺から
ご紹介してみたいと思います。

高校1年生だった15歳の夏、地元の千葉で
現在の所属事務所にスカウトされ芸能界へ。

スカウトといっても、桐谷本人が直接
声をかけられたわけではなく、

周囲への聞き込みから情報を得た事務所
側が突然桐谷の携帯に

「こういうものなんですけど、会えますか?」
と電話をかけてきたのだという。

桐谷は「怖い電話がかかってきた!絶対に
変な人だと思いました(笑)」と当時を回顧。

「怪しい人に付け回されてる」と勘違いし、
「会って“やめて下さい”って言うしかない」
と母親と一緒に会いに行ったのだとか。

「それでなんか話に乗せられて写真を1枚
撮られてしまって…。今ここにいます」

と冗談交じりにデビューの経緯を明かした。

出典:モデルプレス『桐谷美玲、デビューの
   きっかけは“怖い電話”
   「今も信じられない」』

「突然!携帯にって・・・」
個人情報ダダ漏れ状態じゃないですか!?

う~ん!確かに怪し過ぎますね。いきなり
「こういうものなんですけど、会えますか?」
ではねぇ。

こういう時は冒頭に「決して怪しい者では
ありませんが・・・」とか言わなきゃね。

そういう問題じゃないってか?・・・

こんな形で芸能界入りを果たした桐谷美玲
さん。

最初は学業をこなしながらもドラマ『怪談新
耳袋』『ショートフィルム道 東京少女 #4
ヤドカリ少女』

『恋する日曜日第3シリーズ レンズ越しの
恋』などに出演。

映画でも『同級生』で主演するなど、芸能界
入り間もない時期から注目を集めます。

そして2010年、20歳前後から演じる役
柄に変化が、そして出演数も大幅にアップ。

この時期、ドラマ『臨月の娘』『女帝 薫子』
と続けて主演を演じると

直後に公開の映画『音楽人』で佐野和真さん
とのダブル主演が話題に。

桐谷美玲さんの出演歴を調べると、出演本数
や重要な役処が明らかに増え始めているのが
2010年頃からであると示しています。

桐谷美玲さんのブレイクはこの辺りから始ま
っているようです。

NHK朝ドラから全国的大ブレイクを遂げる
女優さん・俳優さんが多いですが

桐谷美玲さんは、まだNHK朝ドラの予備軍
で出演されていません。

だから、どの辺からブレイクしてきたのか
分りにくいなって思ってたんですが、、

良くよく調べるとそんなデータがあるのに気
付いたというわけです。

 

 主演女優だけど演技が残念って本当?

桐谷美玲さんについて検索していた時に気に
なったのが「演技」という関連キーワード。

2010年ごろから映画・ドラマでは主演か
ほぼ準主演に近い位置で演技をする桐谷美玲
さんですが、

桐谷さんの演技を見ている世間の反応って
どうなんだろうと気になり始めました。

桐谷美玲さんの演技に対する世間の反応って
かなり厳しいものが多いのにビックリ。

「桐谷美玲かわいい~~な~~
演技は棒だけど」・・・

「桐谷美玲の演技大っ嫌いだけど
顔はほんと可愛い」・・・

「桐谷美玲の演技が素人過ぎて残念!」・・

・・・ほかにも続々とそんな声が。

そこまで言うか!

演技に対しては、まさかのヒドイ言われよう
の桐谷美玲さん。

ちなみに桐谷美玲さんの主演作って

映画
   『同級生』
   『音楽人』
   『乱反射』
   『スノーフレーク』
   『100回泣くこと』
   『女子ーズ』
   『恋する?ヴァンパイア』
   『ヒロイン失格』

ドラマ
   『怪談新耳袋』
   『東京少女』
   『ほんとにあった怖い話』
   『恋する日曜日』
   『臨月の娘』
   『女帝 薫子』
   『終の棲家』
   『スミカスミレ』
   『好きな人がいること』

webドラマ
   『teddy bear』
   『ドロップ』
   『ヘンチメン』
   『シニカレ』
   『ラブ・スウィング』
   『アンダーウェア』

映画『ヒロイン失格』って、演技の話してる
のにタイトルヤバ過ぎでしょ!

ここ近年では、ほぼ主演の桐谷美玲さんです。

ところで

ホームメイトの宣伝って桐谷美玲さんの
だいぶ前のCMですよね。いまでも使われて
るようですが。

このCM、贔屓目にみても演技力はちょっと
残念な感じもしないでもないかなぁ~。

棒読み?・・・う~ッ!残念・・・

劇団員出身とまではいかなくても、もう少し
なんとかって気持ちになるのも確かですかね。

でも、ドラマでも映画でも主演のオファーが
次から次へと舞い込んでいるわけだから、

桐谷美玲さんを主演に望む声が多いっていう
のも確かじゃないかとも思えるし。

まだ若いんだし、個人的には、これから益々
上達していくと期待して暖か~い目で見て
いきたいですね。

 

 まとめ

ということで、今回は、モデル、女優、ニュ
ースキャスター、CMキャラクターとして

色々な才能をを開花させて活躍されている
桐谷美玲さんについて

・ブレイク時期はいつ頃だったのか?

・主演女優だけど演技が残念って本当?

などのテーマでまとめてみました。

とても可愛らしい方だと思いますが、意外に
眠っている時に目と口が開いたままになる?

というホラーエピソードも・・・

中々ユニークな方のようですね。

最後に

桐谷美玲さんのプロフィール

・氏名     桐谷美玲(きりたにみれい)
・生年月日   1989年(平成元年)12月16日
・干支・星座  巳年[へび]・射手座
・出身地    千葉県市原市
・身長     164cm
・血液型    A型
・所属     スウィートパワー
・家族     両親・弟(2歳下)
・出身校    千葉県立千葉東高校(偏差値70の進学校)卒業
        フェリス女学院大学文学部卒業
・趣味     音楽観賞・テレビゲーム
・特技     ピアノ・バドミントン

≫桐谷美玲さんの画像はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。