江口洋介は人柄も男前、下町育ちで昔は太ってた?代表作では何が?

 

江口洋介は人柄も男前、下町育ちで昔は太ってた?代表作では何が?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

江口洋介さんといえば、歌手の森高千里さんとの熱々夫婦
ぶりが有名で、世間からも羨ましがられている俳優さん。

と思いきや、今年の春女優の篠原亮子さんとの夜更けの
焼き肉屋デートをスクープされるという失敗も。

ドラマ『オトナ女子』の共演者の江口洋介さんと篠原亮子
さん、二人ともお酒大好きで羽目を外し過ぎたようです。

焼き肉屋でガンガン飲んだ二人は、個室のあるレストランに
移動、さらに飲みまくって盛り上がり、夜中の2時過ぎに
それぞれの自宅にご帰還。

結局大人の憂さ晴らしタイムだったようで、一方を報じた
女性セブンの勇み足に終わった模様。

今回は俳優の、江口洋介さんについて、その男前の人柄や、
下町育ちで昔は太ってたって話や、代表作にはどんなものが
あるのかなどを話題にまとめてみたいと思います。

 

 江口洋介さんの男前な人柄

森高千里さんという美しい奥さんと長女長男に恵まれた
江口洋介さん。夫婦でジャワカレーのCMに出たりと、

それだけ見ていても人柄の良さが滲み出てくるような
方ですが、実際の江口洋介さんは本物の男前な人柄だとか。

実直な医師の役がハマり役ともいえる江口洋介さん。

『救命病棟24時』の救命医進藤一生役や、山﨑豊子の名作
『白い巨塔』での里見脩二内科助教授役など存在感たっぷり
で、本物のお医者さんみたいでした。

そんな江口洋介さんの撮影現場に本物の患者さんが訪れる
ということがあったといいます。

お父さんと一緒に江口洋介さんの撮影現場に訪れたのは、
間もなく本物の手術を控えた少年

スーパードクター役の江口洋介さんに勇気を授けてもらい
たくて訪ねてきたようです。

撮影現場に入ろうとした父と少年を制止するスタッフ。

それに気づいた江口洋介さんが、制止するスタッフとの
間に割って入りその親子の話を聞いてあげたそうです。

そしてその少年に「君なら絶対大丈夫!頑張れ!」
エールを送ったといいます。

このエピソードに対しネット上では「神対応!」とか
「神過ぎる!」「神降臨」な絶賛だったとか。

たしかにカッコイイ、江口洋介さんの男前な人柄が出た
瞬間ですね。

江口洋介さん、2015年の大河ドラマ『軍師官兵衛』
織田信長を演じていましたが、

途中ヘルニアになり急きょ撮影がストップするという
アクシデントに見舞われることに。

ヘルニアって下手すると何か月も歩けない状態になる
こともあるイタ~イ病気ですよね。

江口洋介さん、どのぐらい休みを取ったかは明かされて
いませんが、

現場復帰の際はスタッフ・共演者すべてにお詫びをして
回ったというエピソードも。

江口さんのこの行動で現場全体がピリッと引き締まり
一層活気づいたといいます。流石ですよね。

江口洋介さんの場合、共演者の受けもかなり良さそうです。
連続ドラマ『パンドラIII 革命前夜』で共演した俳優の

内野聖陽さんや1990年代のヒットドラマ『ひとつ屋根
の下』で共演した山本耕史さんなども絶賛だとか。

特に内野聖陽さんは江口洋介さんの男前なさっぱりとした
人柄に高い評価を示しているようですよ。

 

 江口洋介、下町育ちで昔は太ってた?

江口洋介さんは東京都北区西ヶ原の出身、下町風情の残る
街で育った育ったんだとか。近所のお墓があそび場だった
らしいですよ。

兄弟は、4歳違いの弟がいて、祖父母と一緒に暮らして
いたといいます。

江口洋介さんはおじいちゃん・おばあちゃん子だったん
ですね。だから人柄がよくなったのかしら。

実家は、1階部分で喫茶店『Coffee Shop Z』母親が営み、
父親建築関係のお仕事をされていたみたいです。

お父さんはPTAの役員を務めるなど街の顔役にもなって
いたようです。

PTAの集まりにポルシェを駆って学校に乗り付ける父
親がちょっと自慢だったって?。

江口洋介さんの関連キーワードに「愛車」って出てきますが
車好きはお父さんの影響でしょうか。

でも、ポルシェってスゲェー!もしかして金持ち?

江口洋介さん、ちょっと想像できないんですが、昔は
太っていたそうです。スポーツは得意だったらしいのですが
懸垂が1回やっとできる程度で・・・

中学の時のあだ名が「エグッチョ」???苗字の「江口」
「デブッチョ」をコラボ?

肉体改造に目覚め始めたのが高校時代、なんと毎日10㎞
走って20キロの減量に成功したんだとか。

 

 江口洋介の代表作では何がある?

江口洋介さんのデビューは1986年、翌年の映画『湘南
爆走族』でいきなり主演、主人公江口洋助を演じて一気に
ブレイクします。

『湘南爆走族』はすでに少年キングで人気になっていた
漫画だったので映画自体もヒット作品になったようです。

中々ブレイクできずにいる俳優さんが多い中で順風満帆
のスタートを切った江口洋介さん。

そして

平成に時代が代わる頃にはバブル景気時代で、トレンディ
ドラマ時代が到来。

江口洋介さんも当時超有名になったトレンディドラマの
『都会の森』『東京ラブストーリー』『101回目のプロポ
ーズ』『愛という名のもとに』と次々に出演。

全部見てました。当時はすごい人気でしたよ。

江口洋介さんレベルの俳優さんには存在感の大きな役処
が多く、瞬く間にスターダムに登りつめた印象が
ありますね。

個人的に江口洋介さんの代表作を挙げるとすれば、やはり
『ひとつ屋根の下』とかでしょうか。

「あんちゃん」を演じてた江口洋介さん、兄弟想いの
いい兄貴で本当にアノ役が大好きでした。

福山雅治さんも若い医学生の役でカッコよかったし。
BSなどで再放送があれば見てみたいですねぇ。

あとは、先にも出しちゃいましたが、『白い巨塔』
『救命病棟24時』がなんといっても印象深いですね。

最近はドラマ離れが激しくて、テレビ局も視聴率稼ぎに
躍起なようですが、娯楽がまだテレビ中心だった時代に
江口洋介さんなども全盛期だったわけで、

江口洋介さんの代表作も1990年代に集中してるな
って感じます。

 

 まとめ

今回は、俳優の江口洋介さんについて、その男前な人柄や
下町の育ちで昔は太っていたという話、出演した代表作
などについても調べてみました。

江口洋介さん、改めてカッコイイ方だと思いましたね。
外見もカッコイイし、人柄も男前でさっぱりしていて
気持ちがいい方で、ほんと非の打ちどころがない。

オシドリ夫婦といえる円満な家庭を築ける大きな器は、
江口洋介さんの人柄ならではですよね。

最後に

江口洋介さんのプロフィール

・氏名     江口洋介(えぐちようすけ)
・生年月日   1967年(昭和42年)12月31日
・干支・星座  未年[ひつじ]・山羊座
・出身地    東京都北区西ヶ原
・身長     185cm
・血液型    O型
・所属     パパドゥ
・家族     妻(森高千里)・長女・長男
・趣味     釣り・バイク・ギター 他

≫江口洋介さんの画像はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。