内村光良が若い頃ド緊張した番組とは?夢で逢えたらも最高だったけど

 

内村光良が若い頃ド緊張した番組とは?夢で逢えたらも最高だったけど
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

内村光良さん、お笑いコンビウッチャンナンチャン
ウッチャン、知らない人はいないと思います。

ウッチャンナンチャンも最近ではすっかりピンでの活動が
多いですが、若い頃の二人のコントに魅了されたという
人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

時は1980年代半ば、その時代の若者たちの日常の
生活スタイルを切れのいいコントで面白おかしく表現して
いたのがウッチャンナンチャン。

今回はお笑いコンビウッチャンナンチャンの内村光良さん
の方を中心にまとめてみたいと思います。

 

 若い時ド緊張した番組とは?

内村光良さん、南原清隆のコンビウッチャンナンチャン
を初めて見たのが『オールナイトフジ』というフジテレビ
の深夜番組。

ウッチャンナンチャンとしての仕事では、ほぼ最初のTV
出演ではなかったでしょうか。

秋本奈緒美さんをはじめ後にTVで活躍するたくさんの
人たちが出演していたちょっとエッチな内容もある真夜中
から朝方にかけてのバラエティ番組が『オールナイトフジ』。

多くのドラマで活躍されている俳優片岡鶴太郎さんも、実は
この番組でブレイクしたってご存知でしょうか。

ウッチャンナンチャンの先輩のとんねるず石橋貴明さんや
木梨憲武さんなどもこの番組でだいぶ名を上げたんですよね。

内村光良さんらのウッチャンナンチャンは、デビュー
間もなくということもあって、出番は確か明け方に近かった
と思いますが、

当時はさすがに若くて元気があってなおかつ面白くて
出番までは眠い目をこすりながら待ってました。

この二人は将来絶対に人気者になると思ったぐらい面白い
コントを展開していました。(実際ブレイクしましたが)

その内村光良さんは、後に「内村さまぁ~ず」でオードリー
の若林さんに『オールナイトフジ』に出演した時に
ド緊張したエピソードを語っています。

何にそんなにド緊張したのか?

『オールナイトフジ』はセクシーな司会者と都会的な女子
軍団オールナイターズで構成された番組。

九州熊本から出てきた内村光良さんには眩し過ぎる光景
が広がっていたようです。

出演者の女性たち・・これがド緊張の原因だったそうです。

バブル時代でしたから誰もがオシャレで、まるで別世界の
風景に映ったのではないでしょうか。

田舎から出てきたらそうなるのもわかるような気がします。
ましてや憧れの芸能人たちが目の前にいるわけだから。

でも、当時ウッチャンナンチャンのコントを見ていても
ド緊張してるなんて全然気づきませんでした。

そこら辺はさすがだと思います。ホント面白かった。

 

 夢で逢えたらも最高だった

内村光良さんらのウッチャンナンチャンは『オールナイ
トフジ』出演の約2年半後に『夢で逢えたら』という
フジテレビのバラエティ番組に出演します。

『夢で逢えたら』も深夜帯の番組、最初のうちは知る人
ぞ知るといったマイナー番組でしたが、

ダントツの面白さとオープニング・エンディングに
サザンユニコーンリンドバーグなどのビデオクリップ
を採用するなど、

瞬く間に人気番組に変貌、深夜帯ながら視聴率20%超
えの快挙となりました。

『夢で逢えたら』に出演していたのは、内村光良さんら
のウッチャンナンチャンとデビュー間もないダウンタウン
松本人志さんと浜田雅功さん、清水ミチコさんと
野沢直子さん、合計6人のレギュラーメンバー。

ショートコント形式とドラマ風コント形式のコラボで
毎回大爆笑、最高のお笑い番組だと思ってます。

ウッチャンナンチャンもダウンタウンもどちらも
後々には大物お笑い芸人になりましたが、若いうちから
その目が出ていたといえますね。

『夢で逢えたら』は約3年続いた番組で1991年の
11月に終了しましたが、

終わってみると心にポッカリ穴が開いてしまったぐらい
ガッカリしちゃいました。

それほど最高の番組だったといえます。

 

 まとめ

ということで、今回はお笑いコンビウッチャンナンチャン
の内村光良さんについて

若い頃ド緊張した番組とは?・・・と夢で逢えたらも
最高だったけど・・という内容でまとめてみました。

内村光良さんは2005年にテレビ朝日の徳永有美さんと
ご結婚、二人のお子さんに恵まれ公私ともにお忙しい
日々を送っておられるようです。

これからもどんどん面白い番組作りに邁進していただき
たいと思います。これからも注目の人ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。