二階堂ふみもAO入試で難関大学への進学!他にはどんな人たちが?

 

二階堂ふみもAO入試で難関大学への進学!他にはどんな人たちが?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

二階堂ふみさんといえば、若干21歳の若さながら、
同世代の女優さんたちとは一線を画す存在感ある演技で
知られている女優さんです。

2011年の初主演映画、『劇場版 神聖かまってちゃん
ロックンロールは鳴り止まないっ』から数々の受賞に
輝いていることはご存知でしょうか。

ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞
で新人賞、日本アカデミー賞の新人俳優賞や優秀主演
女優賞も獲得。

ブルーリボン賞では最優秀助演女優賞、エランドール賞
新人賞などなど、それ以外の賞を含めて2011年から
2014年の4年間に14もの受賞をしている方です。

今回は、そんな二階堂ふみさんが超多忙の中で難関校に
挑戦し見事合格を勝ち取ることができたAO入試って
いったい何?と他にどんな人がAO入試組なのか
調べてみました。

 二階堂ふみさんがAO入試で難関大学へ!

二階堂ふみさんが現在通っている大学は慶應義塾大学
私立の超難関校の慶應大学、一万円札の福沢諭吉が創立
した学校ということは良く知られています。

偏差値で言ったら70前後からといいますから名実ともに
日本のトップクラスの大学です。

二階堂ふみさんは超多忙の女優生活を送りながら、その
難関大学の慶應大学に合格しています。

実は二階堂ふみさん、一般受験での入学ではなく、最近
よく聞くAO入試という方式で慶應大学に入学したそうです。

AO入試とは、

AOとは、アドミッションズ・オフィスの略で、
大学側が求める学生像(アドミッション・ポリシー)
に合っているかどうかや、学びへの意欲や関心、
適性を重視して選考する入試。

選抜方法は大学ごとに異なりますが、いずれも
強い志望動機が必要です。

選抜方法は大学ごとに異なりますが、大きく
分けて面接重視型と論文重視型があります。

どちらの場合でも、その大学の志望理由や
入学後の目標などをまとめた志望理由書が必要です。

AO入試では、受験生の人格や意欲や目標と、
大学が求める人物像が合っているかを
じっくりと時間をかけて選考されるのが特徴です。

出典:Benesseマナビジョン
  「推薦・AO入試の基礎知識と学習プラン」より

高校・大学と一般入試しか経験がなかったのでAOって
言われてもなぁ。・・ていうのが実感ですが、

つまり、推薦入試の一形態のようですね。

ただ、学業成績やスポーツで記録を出して、高校側に
大学への推薦をお願いするようなものではなく、

自分で自分を大学側にアピールして、それが大学側が
求める人材ならば入学を許可しますって方式。

合否判断の基準となるは大学によっても相当の違いが
あるようですが、一般的には

・中学生ぐらいからの実績
・現在の自分、ものの見方や考え方
・将来のビジョン・未来予想図の実現可能性
・未来実現のために大学で具体的に何を学ぶのか

などを書面、プレゼン、面接などをとおして自らが
大学側にアピールしていき

それが、大学側の使命「社会に役立つ人材育成」に合致
し、その目的に邁進できる人物かどうかを見るようです。

かなり特殊な人材でなければ難しそうですね。

でも二階堂ふみさんのように演技という難しい分野で
活躍できている人なら話は別なのかもしれません。
他に英語がペラペラだったりもありますし。

AO入試、なんとなく分かったのは、やはり普通の人
ではなく、子供の頃から人よりも抜きんでたもの
持っていることが前提になるのかということ。

合格の前提となるハードルがものすごく高いという
意味では、一般入試よりもはるかに難関といえるのでは
ないでしょうか。

 AO入試、他にはどんな人たちが

二階堂ふみさんが慶応大学だからというわけではありま
せんが、他にはどんな人たちがいるのかというと、

慶應大学在学中のトリンドル玲奈さんや、Sexy Zoneの
菊地風磨さん、歌手の綾香さんの旦那さんの水嶋ヒロさん、
元モー娘で、テレビ東京アナウンサーになった紺野あさ美
さんなどもAO入試で合格されているようです。

慶應大学出身の有名人の方はホントにたくさんいらっしゃ
いますが、もちろん一般入試や付属校出身、指定校推薦など
の方が圧倒的に多いみたいですが。

他の大学のAO入試出身者の有名人では、スタップ細胞
問題で有名になった小保方晴子さんなんて方もいらっし
ゃるそうです。彼女は早稲田大学理工学部応用化学科の
出身ですね。

他には、明治大学出身の北川景子さんや山下智久さん、
亜細亜大学出身のベッキーさんなどもAO入試で入ったの
ではといわれていますね。

 まとめ

今回は、女優の二階堂ふみさん難関大学への進学のために
受けたAO入試についてと、他にどんな方たちがAO入試
で大学に入っているのかなどを調べてみました。

AO入試って、調べていていろんな賛否の考え方がある
んだなぁと驚きました。

一般受験者が相当の時間をかけて勉強に取り組まなければ
合格できない難関校に、実質的に試験問題を解くこともなく
入学するわけだから、AO入試に否定的な考え方もわから
なくもないです。

ただ、大学が存在する目的にその目を向ければ、決して
学業成績だけ重視とはいかなくなっているのかなぁと
感じます。

成績は良いに越したことなありませんが、「将来、世の中
に貢献できる人在を育てる」という大学存立の意義は、
もっと多様化した考えの中にあってしかりだと考えます。

世代的にはAO入試に詳しくありませんが、ちょっと見知っ
ただけでも、個性の活かせる考え方を育てる意味では、
とても素晴らしい受験方法だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。