市川紗椰、変が大好きモデルの趣味の幅と奥行きが人並み外れてる?

 

市川紗椰、変が大好きモデルの趣味の幅と奥行きが人並み外れてる?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

市川沙椰さん。『MORE』『BAILA』『MAQUIA』などの
ファッション誌を飾る美人モデルとして知られていますね。

最近では、報道番組や情報番組から教養、バラエティ、
音楽番組などをこなす才媛としても活躍されています。

美人でスタイル良し、頭も良し…全てが揃う才色兼備の
市川沙椰さん。

実は『変!?』変わってると思われることが大好きで
人と同じが大嫌いだといいます。

それが市川沙椰さんの趣味とかにに表れているようなので、
その辺りを調べてみたいと思います。

 アニメ・フィギア

市川沙椰さんは大のアニメファンそのジャンルはSFや
戦闘物などどちらかというと男子が好んで見るアニメの
系統が多そうです。

『銀河鉄道999』『ガンダムシリーズ』『ブレンパワード』
『装甲騎兵ボトムズ』『アイドルマスターXENOGLOSSIA』
などがお気に入りとか。

フィギュアコレクターとしても有名な市川沙椰さん。その
所有数はなんと500体以上といいます。

ディスプレイ用、保管用、予備用と同じものを3個同時に
買うんだそうです。

値段が20万円を超えるプレミア品などもあるそうで、
かなりマニアックに追いかける方のようですね。

お風呂に入りながらプラモデルの製作をしたりもするという
市川沙椰さん、面白いけどちょっと変わってますかね。

 鉄道オタク

市川沙椰さんは子供の頃からの鉄道オタクだそうで、通勤形
車両が特にお気に入りだそうです。

通勤形とか近郊形とかそんな分け方がされてるんですね。
初めて知りました。

市川沙椰さんは鉄道ファンの中でも「車両鉄」「音鉄」

車両鉄は、鉄道車両に関する知識を深めたり情報や写真など
を収集したりするマニアの総称。

音鉄は、発車メロディや接近メロディ、車内チャイムなど
の鉄道に関する「音」を拾い集めるマニアの総称。

だそうです。

市川沙椰さんは特に電車の扉の開閉音に魅せられている
とのことで、開閉時の動画を撮りまくっているとか。

音を聞いただけでどの車両か区別できるというから
凄いと思います。

それだけではなく路線図を組み立てたりダイヤ編成の
シュミレーションを考えたりすることもできるそうです。

相当頭を使う作業だと思いますが、好きなことには
トコトン入れ込むタイプみたいですね。

でも、これもかなりマニアックでオタクな趣味ですよね。
市川沙椰さんはやっぱり少し変わっているのかも。

 男性の趣味

市川沙椰さんの男性の趣味、ていうか好みの男性はどんな
感じなんでしょう。

ちなみに中学生の時アメリカで付き合った彼氏は脇役の
ヒーローっぽい男の子でわが道を行くマイペースタイプで
ブサカワイイ系だったそうな。

全然イメージがわかないんですが・・・

市川沙椰さんは太っている男性が好みだとあっちこっちで
書いてあるのを見かけますが、どうもそのようです。

ただ、単に太っているだけでなく太り方にこだわりをもって
いるそうです。

顔は横広がりではなく下から脂肪が出てくるタイプ?で
おなか回りの肉の付き方にもこだわりがあるといいます。

下から脂肪が出てくる顔って?・・二重アゴってこと?

全体的なイメージは「プーさん」なんだそうです。

市川沙椰さんは大の相撲ファンでもあり、稀勢の里関や
安美錦関がお気に入りだそうです。

あの感じの太り方が市川沙椰さんは好きなのかも。
これは好みの問題なので別に変ってことはないですかね。

 まとめ

人から変わってるって見られることが大好きだという
市川沙椰さんの特徴的な趣味などを見てみました。

これ以外にもいろいろなことに興味を持ち、それを
徹底的に突き詰めないと気が済まないという市川沙椰さん。

外見と中味のギャップが激しすぎるところが、変わってると
いえば変わっているのかもしれませんが、

アメリカで14歳まで育った彼女にしたら、それは個性
あって決して変ではないのでしょう。

むしろ人と同じ髪型や化粧、ファッションを追い求めよう
とする日本人的な部分が変ではないかと感じているとか。

とにかくこれからも関心事をオタッキーに突き詰めて
行くであろう市川沙椰さんに注目していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。