高橋真梨子、スクールメイツ出身?人前に出るのが苦手は本当?

   2017/07/07

高橋真梨子、スクールメイツ出身?人前に出るのが苦手は本当?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

高橋真梨子さんといえば、1970年代80年代をその
歌声で彩った実力派シンガーとしてとても有名な方です。

ペドロ&カプリシャス・・・実に懐かしい響きです。

高橋真梨子さんは、このグループの2代目ボーカリスト
(初代は前野曜子さん)をつとめていたことでも
知られています。

1973ん年「ジョニィへの伝言」、続く「五番街の
マリーへ」が大ヒット。

この2曲は、今でもカラオケで歌われ続けている人気曲。
特に多くの人に親しまれています。

1978年ペドロ&カプリシャスを脱退後ソロ活動を
開始した高橋真梨子さん。

CMソングとしても有名になった『あなたの空を翔びたい』
『for you…』『桃色吐息』、ドラマ主題歌としても話題を
呼んだ『はがゆい唇』、リレハンメル五輪のNHKテーマ
ソング『遥かな人へ』など次々にヒット曲を出します。

高橋真梨子さんは、1970年代~80年代の日本の
音楽シーンを語る上で欠かすことのできない存在です。

 スクールメイツの出身?

高橋真梨子さんを調べていたらスクールメイツという、
やはりこちらも懐かしい名前が出てきました。

若い頃見ていた『レッツゴーヤング』(NHK)とか
紅白歌合戦などにも必ず出演していたスクールメイツ
特にバックダンサーとして活躍してましたね。

実は高橋真梨子さんもスクールメイツの出身だそうです。
一時期ザ・ピーナッツのバックで踊っていたことも
あったそうです。

布施明さん、森進一さん、野口五郎さん、キャンディーズ
太田裕美さん、石川ひとみさん、笑福亭笑瓶さん、
吉川晃司さん、森口博子さんほか芸能界で活躍する
歌手・タレントの多くを輩出してきたスクールメイツ

高橋真梨子さんは残念ながら、スクールメイツを
クビになってしまったそうです。

理由は素行不良だったとか?本当なんでしょうか。

本人曰く、目指す路線が違っていたとか。
私もそう思います。高橋真梨子さんは実力派シンガーですもんね。

 人前に出るのが苦手は本当?

高橋真梨子さん、トークがとっても苦手なんだそうです。
そればかりか子供の頃から人前に出るのが苦手だったとか。

ペドロ&カプリシャスで「ジョニィへの伝言」や「五番街
のマリーへ」が大ヒットしていた頃はとにかくテレビへ
の出演も極端に増えてしまったそうなんですが、

歌い終わると高橋真梨子さんは、ステージの後ろに下がって
ひたすらうつむいていたそうです。

ペドロ&カプリシャスで活動していた時はグループだった
ので、ほかの誰かがしゃべってくれればよかったものの
ソロになってからは大変だったみたいですよ。

台本を丸暗記して全くアドリブなしで番組中やり過ごして
いたとか。

突然台本にないことを振られたりすることもあったんじゃ
ないでしょうか。そんな時はどうしたんでしょうね。

高橋真梨子さんは、とにかく人前が苦手、かなり緊張して
しまうタイプらしくカメラを向けられたりするだけで
固まってしまうそうです。

芸能人には珍しいのでは・・・

 まとめ

1970年代80年代の音楽シーンのまさに中心を歩んだ
高橋真梨子さんについてスクールメイツの時代があった
ことや芸能人には珍しく人前に出るのが苦手だったこと
などについてまとめてみました。

最後に

高橋真梨子さんのプロフィール

・本名     広瀬まり子
・生年月日   1949年(昭和24年)3月6日
・干支・星座  丑年[うし]・魚座
・出身地    広島県廿日市町
・身長     155㎝
・血液型    A型
・家族     夫(元ペドロ&カプリシャスのヘンリー広瀬)
・趣味     読書 スポーツ観戦 サックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 三好家臣団 より:

    森進一と高橋真理子がスクールメイツの同期とは初めて知りました。驚きを隠せないU氏がいます。

    • koubako より:

      コメントありがとうございます。
      スクールメイツをご存知の世代の方ですか?
      私は、キャンディーズと太田裕美さんの熱烈なファンでした。
      (古い話で恐縮です。)

      スクールメイツから有名になった芸能人って多いんですよね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。