市原悦子、若い頃には伝説的朝ドラにも!昔話と家政婦で大人気に?

 

市原悦子、若い頃には伝説的朝ドラにも!昔話と家政婦で大人気に?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

女優の市原悦子さんといえば、日本昔ばなし家政婦
いうイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

どちらも若い頃の市原悦子さんの出世作であることに
違いはありません。

ですが

市原悦子さんって、はるか昔からいろいろなドラマとかに
出演されていたような印象があるんです。

調べてみたらデビューは1957年と早くから活動されて
いる女優さんであることが分かりました。若い頃から
活躍していた方なんですね。

芸能生活がもうすぐ60年になる超ベテラン女優さんです。

今回はそんな女優の市原悦子さんについて、若い頃には
あの伝説的な朝の連続テレビ小説にも出演していたことや、

まんが日本昔ばなしや家政婦役で大人気になったことなど
を書いていきたいと思います。

 若い頃出演した伝説的朝ドラ

樫山文江さんが主演したNHK朝ドラの『おはなはん』
憶えているという方はもうかなりの年齢の方かも・・・

自分も子供の頃だったので『おはなはん』は親世代
欠かさず見ていたのを記憶している程度です。

1966年4月から1967年4月までの1年間の放送
だったようです。確かテレビは白黒だったかな。

今のNHK朝の連続テレビ小説は半年で完結してますが、
昔の朝ドラって他も一年やっていたんでしょうか。

朝の連続テレビ小説『おはなはん』

ストーリーは、明治時代、日露戦争の前後の頃、愛媛県
東京弘前(青森県)を舞台に夫に先立たれた妻が
一人で子育てしながら明るくたくましく生きていくという
ヒューマンドラマ。

このドラマに若い頃の市原悦子さんも出演していたそうです。
残念ながら何の役で出演していたのかは判明しませんが、
蒼々たるキャスト陣の中にしっかりと名前はありました。

ちなみに出演者の方々はこのような方々です。

浅尾はな:樫山文枝
速水謙太郎:高橋幸治
長男・謙一郎:津川雅彦
謙一郎の妻・由紀子:川口敦子
息子・謙吾:小川吉信
謙吾の妻・マリーナ:コニー・ウィリアムソン
謙太郎の父・平造:中村俊一
謙太郎の祖父・襄介:花沢徳衛
馬丁・亀吉:大辻伺郎
亀吉の妻・おとく:野村昭子
久米絢子:真屋順子 謙一郎の初恋の人
沢村貞子
水谷八重子
花柳喜章
高田敏江
殿山泰司
加藤治子
岡田英次
露口茂
宮脇康之
江守徹
市原悦子
長山藍子
加藤嘉
夏川静枝
戸浦六宏
蜷川幸雄
久米明
二木てるみ
大滝秀治
井川比佐志
嵯峨善兵
桜むつ子
横森久
茅島成美
田島義文
長谷川哲夫
加藤武
原泉
菅井きん
中山昭二
寺田誠
鈴木弘子

出典:wikipedia「おはなはん」より

とにかく有名な方たちがたくさん出てた「おはなはん」
先日お亡くなりになられた演出家・舞台監督の蜷川幸雄
さんも出演されてたんですね。

市原悦子さんに関するあらゆるデータを探してみましたが
「おはなはん」での役は最後まで分かりませんでしたね。

市原悦子さんが当時30歳ぐらいであったこと、舞台となる
場所が愛媛・東京・青森と移るので、おそらく東京か
青森篇あたりで出演されたのかもしれませんね。

この『おはなはん』、なぜ伝説的ドラマかというと、
視聴率平均で45%超最高で55%超と記録的だった
そうです。今じゃ考えられない数字ですね。

だから、当時小学生になったばかりだった私でも
ある程度憶えていたわけです。

でも主演しているキャストの面々のほうが伝説的ドラマ
だったといえるかもしれませんが。

 昔話と家政婦で大人気に?

『まんが日本昔ばなし』

1975年に始まった『まんが日本昔ばなし』。日本人
なら知らない人がいない人気番組。

「ぼうや~良い子だ寝んねしなぁ~♪」のテーマソング
は誰でも口ずさめますよね。

登場する人物・動物の全てのキャラクターについては、
男性の声は個性派俳優で知られた常田富士男さん、女性の
市原悦子さんが担当。

この二人による実にユニークな語り口で『まんが日本昔
ばなし』は長く親しまれてきました。

市原悦子さん、常田富士男さんあっての『まんが日本昔
ばなし』だったんだといえます。

2006年で終了するまでの約30年間子供たちにいろんな
夢を与えてきた番組でした。

『家政婦は見た!』

1983年に始まった『家政婦は見た!』(テレ朝)では
家政婦紹介所の家政婦石崎秋子を演じた市原悦子さん。

市原悦子さんが演じる石崎秋子が家政婦として働くことに
なるのが必ず高級住宅街の豪邸で、そこに住むのは、

超エリートの名門家族だったり、大物政治家だったり、
財閥一族だったり、大病院経営者だったり、名門茶道家元
だったり、大財閥デパート王だったり・・・

とにかく、けた外れの金持ちや超名門の家柄ばかり、

派遣先の家で必ず生じる家族間の諍いドロドロした
人間関係お金に対する人間の欲の深さを市原悦子さんが
演じる石崎秋子は持ち前の好奇心で、覗き見してしまいます。

ドラマの締めくくりでは正義感や倫理観を振りかざして
そんなエゲツない金持ち家族たちにお説教までしちゃう
家政婦の石崎秋子。

ちょっと現実ではあり得ないであろう家政婦を見事に演じ
きっていたのが市原悦子さん。

1983年の開始以来2008年の放送終了まで、市原悦子
さんの『家政婦は見た!』は26作品も作られています。

『まんが日本昔ばなし』と『家政婦は見た!』はまさに、
市原悦子さんそのものといってもいいと思います。

 まとめ

今回は、女優の市原悦子さんについて、若い頃には伝説的
朝ドラ「おはなはん」にも出演していたこと!

『まんが日本昔ばなし』とドラマ『家政婦は見た!』で
人気になったことなどについてまとめてみました。

市原悦子さんが出演されたドラマなどの中には懐かしい
名前のものもたくさんありますので、機会があれば、
また調べてみたいと思います。

最後に

市原悦子さんのプロフィール

・本名     塩見悦子(しおみえつこ)
・生年月日   1936年(昭和11年)1月24日
・干支・星座  子年[ねずみ]・水瓶座
・出身地    千葉県千葉市
・身長     160cm
・血液型    A型
・所属     ワンダー・プロ
・配偶者    塩見哲(舞台演出家)2014年死去
・趣味     編物 和裁 麻雀 書道
        園芸 散歩 旅行 他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。