平岩紙、出演作や役柄は?脇役でじわじわブレイク、所属劇団は?

 

平岩紙、出演作や役柄は?脇役でじわじわブレイク、所属劇団は?
というタイトルで綴っていきます。

こんにちは、みらじです。

平岩紙さんという女優さん。名前聞いても誰だかわからない。
そんな方はけっこう多いんじゃないでしょうか。

・『ファブリーズ』…

・『松岡修造の奥さん役』…

・『3人の男子のお母さん役』…

この3つのワードが揃えば多くの人が「あ~ッ!ハイハイ!」
って分かっちゃう不思議な女優さん。

ネット上では、「美人じゃないんだけど、非常に魅力的!」
「ブスなのに可愛い」などと、褒めてんのか貶してんのか
わからない意見などもある実に不思議な方です。

普通に可愛らしい人だと思うんですけど・・・

 平岩紙さんについて

平岩紙さんの画像

・芸名     平岩 紙(ひらいわかみ)
・本名     平岩 加奈(ひらいわかな)
・生年月日   1979年(昭和54年)11月3日
・干支・星座  未年[ひつじ]・出身地    大阪府吹田市
・身長     161㎝
・血液型    A型

 平岩紙の出演作や役柄

平岩紙さんがデビューしたのは2000年、芸能生活は
すでに16年目に入るベテランさんに属する女優さんです。

現在NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演。
ファブリーズCMでたくさんの人たちに顔を覚えてもらった
効果に加えて高視聴率連続ドラマ出演で、あらゆる世代層に
じわじわブレイクしてきています。

「とと姉ちゃん」での平岩紙さんの役柄は、高畑充希さん
が演じる主人公小橋常子の母娘一家が居候する仕出し弁当屋
「森田屋」の主人宗吉(ピエール瀧さん)の妻照代の役。

仕事の手際が良く働き者の奥さん、いつもニコニコ笑顔ですが
目が笑ってないといわれることを気にかけてるという役です。

演技力のある平岩紙さんならではの役じゃないでしょうか。

実は平岩紙さんはNHK朝の連ドラは「とと姉ちゃん」
3本目の出演作になります。

デビュー1年後2001年には「ちゅらさん」、2010年
には、「ゲゲゲの女房」にも出演されています。

沖縄を舞台にした「ちゅらさん」では、11話目のたったの
一回だけの出演、土産物屋を訪れる観光客役で約15秒程度の
出演だったそうです。

「ゲゲゲの女房」での平岩紙さんの役どころは、松下奈緒さん
が演じる主人公布美枝の幼馴染でのちにサラリーマンと結婚
する野村チヨ子の役。

「ちゅらさん」「ゲゲゲの女房」ともにあまり目立たない
役柄ですね。でも「とと姉ちゃん」では、かなりいい役が
巡ってきたといってもいいんじゃないでしょうか。

日本テレビの2014年のドラマ「きょうは会社休みます」
では綾瀬はるかさんが演じる主人公青石花笑の大学時代からの
親友で現実主義者で2人の子持ちの母笹野一華役を
演じた平岩紙さん。

2012年にスタートしたテレビ朝日の人気ドラマ「ドクターX~
外科医・大門未知子~」の第1期(帝都医科大学付属第三病院)
第3話のゲストとして出演している平岩紙さん。

平岩紙さんが演じたのは食道癌の摘出手術のため病棟特別室に
入院してきた人気美人料理研究家の花山三恵役、米倉涼子さんが
演じる外科医大門未知子に味覚障害を指摘され、手術を拒否する
患者の役。

2014年の映画「福福荘の福ちゃん」では、水川あさみさん
が演じたヒロイン杉浦千穂の同居人下田悠子を演じたのが
平岩紙さん。

下田悠子は、杉浦千穂を諫めたり助けたりする頼もしい助っ人。
心霊写真のライターという怪しい仕事をしているが、出版社では
めっぽう顔が利くといった変わった人物である。

というように近年では、主演女優を演技の上で直にサポート
するといった重要な役どころを担うほどにじわじわブレイク
してきた女優さんが平岩紙さんなんです。

 平岩紙さんの所属劇団

平岩紙さんの芸能界入りのきっかけになったのがコミカルな
人気劇団「大人計画」の新人オーディションに合格したこと
だそうです。

平岩紙さんは800人超の応募者の中からたったの1名
選ばれたといいますからやはりダイヤの原石のように、
磨けば輝く何かを持ってたんじゃないでしょうか。

「大人計画」・・・蒼々たる俳優の面々が勢ぞろいする
今まさに旬の超人気劇団ですよね。

主宰するのは自らも個性派俳優で演出、脚本、映画の監督を
手がける松尾スズキさん。

平岩紙さんの「紙」という芸名の名付け親は松尾スズキさん。
紙のように色白だったことから「紙」の芸名になったとか。
ちょっと気の毒な名前…でも覚えてもらえそうですよね。

松尾さん自らも苗字みたいな「スズキ」という芸名ですが、
その名の由来ははっきりしていません。

出世魚のスズキとか奥さんの旧姓が鈴木とか、スズキの車が
好きだからとか色々といわれてますね。

「大人計画」・・蒼々たる面々が勢ぞろいといいましたが、

俳優も熟しながら脚本家としても超売れっ子の宮藤官九郎
さんや、ドラマ・映画でその個性的演技に高い評価を受けて
いる阿部サダヲさん。

NHK朝の連ドラ「あまちゃん!」で北三陸駅の副駅長
吉田正義役を演じた荒川良々さん、同じく北三陸高校潜水
土木科の教師の磯野心平を演じた皆川猿時さん。

同じく潮騒のメモリーズの追っかけでカメラ小僧ヒビキ一郎
を演じた村杉蝉之介さんなど、皆人気者で、あっちこっちで
出演されてますよね。

NHK朝の連ドラといえば今年の3月に終了の「あさが来た」
で加野屋の番頭の亀助を演じた三宅弘城さんもとっても
良い演技をしていましたよね。

他に宮崎吐夢さんや、正名僕蔵さん、星野 源さんなど、
個性的な俳優が目白押しの劇団「大人計画」

かつては、温水洋一さんも「大人計画」の一員だった
そうです。

「大人計画」という個性派集団の環境の中で育ってきた
平岩紙さん。演技が上手いに決まってますよね。たぶん、
どんな役をやらせてもできると思いますね。

 まとめ

脇役としてじわじわとブレイクしてきた女優の平岩紙さん
についてどんな出演作があるのか、どんな役柄を演じて
きたのかなどを見てくるとともに、

平岩紙さんが所属する劇団「大人計画」にはどんな俳優さん
たちが活躍しているのかなどを調べてきました。

アイドルやモデル出身の方たちなどは、容姿や人気だけで
演技の上手い下手は関係なくドラマや映画の主演をされて
いますが、

それに比べ、劇団出身の俳優さんや女優さんたちは、舞台
など本物の演技の研鑽を重ねて、長い下積みを経て初めて
表舞台に登れる人たちが多いですよね。

いつも思うのですが、ドラマの人気がなくなったといわれる
昨今、原因は作り手側にあるのではないでしょうか。

特にストーリー性の高いドラマや映画なら、容姿や人気だけの
アイドルやモデルの素人演技に頼るのではなく、

本当の演技のできる劇団出身の女優さんや俳優さんたちを
もっと前面に出したほうがいいんじゃないでしょうか。

ていうか、現在の主演と脇役の既成概念を真逆にしても
いいんじゃないかと思うほどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。