竹内結子と西島秀俊が夫婦役!映画『クリーピー偽りの隣人』とは?

   2016/10/30

竹内結子と西島秀俊が夫婦役!映画『クリーピー偽りの隣人』とは?
というタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです

警視庁捜査一課を舞台とした人気ドラマ『ストロベリーナイト』で
女性警部補姫川玲子と部下の刑事菊田和男という関係で共演している
女優の竹内結子さんと俳優西島秀俊さん

西島秀俊さんが演じる菊田刑事の竹内結子さん演じる上司姫川玲子
への恋心の行方が気になってたファンも多かったと思いますが…

竹内結子さんと俳優西島秀俊さんのお二人は6月18日に公開予定の
サスペンススリラー映画『クリーピー偽りの隣人』では夫婦役を
演じるとのことで話題を呼んでいるようです。

「クリーピー」とはゾッと背筋が凍りつく感覚とか身の毛がよだつ、
鳥肌が立つような怖~いさまを意味するそうです。

パリパリ食感を楽しんで…w?・・・クリスピーではありません。
ではコーヒーに入れる…w?・・・それはクリープだってば。

『クリーピー偽りの隣人』予告編をご覧になった方もたくさん
いらっしゃると思いますが、予告編だけでもとても怖そうで見どころ
満載の予感がしますね。

 『クリーピー偽りの隣人』とはこんな映画

竹内結子と西島秀俊が仲良し夫婦を演じる映画『クリーピー偽りの隣人』
原作は、小説家前川裕さんによる心理ミステリー小説『クリーピー』。
前川裕さんはこの小説により第15回日本ミステリー文学大賞を受賞
しています。

『クリーピー偽りの隣人』でメガホンをとるのが2012年前田敦子
さん主演の『Seventh Code』で第8回ローマ映画祭最優秀監督賞を受賞、
2015年には浅野忠信さん、深津絵里さんらが主演の『岸辺の旅』で
第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞するなど
映像のカリスマとして活躍されている黒沢清監督です。

『クリーピー偽りの隣人』予告編を見ていない人のために、
極端にかい摘んで解説してみますね。

一家の失踪事件が起き、その解明のために事件を追う犯罪心理学者
とその妻が引っ越した先で出会う奇妙な隣人に翻弄されていき、その後
とんでもない展開になっていくというストーリーのようです。

もうちょっとわかりやすくまとめてみますね。

元同僚の野上刑事(東出昌大さん)からの頼みで6年前の一家失踪事件
を調べることになる元刑事で犯罪心理学者の高倉幸一(西島秀俊さん)。

一家失踪事件の謎の鍵を握るのはただ一人の生存者である失踪家族の
長女早紀(川口春奈さん)。しかし中々真相が解明されません。

高倉幸一の愛する妻康子(竹内結子)は、夫幸一とともに引っ越した
先で人が良さそうだが奇妙な隣人の西野(香川照之さん)に出会います。

西野には病弱の妻多恵子(最所美咲さん)と中学生の娘(藤野涼子さん)
がいます。

高倉幸一と妻康子西野一家に漂う何か奇妙な違和感を持ちながらも
西野の日常の言動に翻弄され、次第に困惑させられるようになります。

そんなある日、高倉幸一は西野の娘から突然「あの人(香川照之さん)、
お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げられることに。

これにより、平和で幸せな高倉幸一康子夫婦の日常が一変することに…
奇妙な隣人に対する疑惑と不安が現実のものとなり深い闇へと引きずり
込まれていくことになります。

と、ここまでが予告動画の内容をまとめたものです

この先は映画の本編を見ないことには始まりませんが、
どうも野上刑事とともに追っている一家失踪事件未解決の事件と、
隣人の西野一家には不可解な関係で繋がりがあるようです。

この映画は原作と同じ題名ながら、ストーリーは映画化によって
かなり練られているらしく独自のオリジナリティにあふれた展開
が衝撃的なものに仕上げられているそうです。

 まとめ

刑事ドラマ『ストロベリーナイト』での共演とは異なり、幸せに
包まれた夫婦の様子や引っ越した新居での新生活シーン、仲良く
食事をするシーンや夫婦連れで歩くシーンなど、高倉幸一を演じる
西島秀俊さんと竹内結子さん演じる妻康子がみせる仲良し夫婦ぶりは、

ミステリースリラーとしてまとめられた映画の中ではホッとできる
部分であり、逆に際立って見える部分になるかもしれませんね。

いってみれば見どころとなるんじゃないでしょうか。

あとはなんといっても西野役の香川照之さんの演技にも注目ですよね
香川照之さん以外にもかなりの豪華キャストが勢ぞろいしている
『クリーピー偽りの隣人』ですが、個人的には香川さんの演技も
是非注目してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。