プロ技カレーの作り方!一日3食2日続けて食べても飽きない

   2017/07/22

 

dsc02987

プロ技カレーの作り方!一日3食2日続けて食べても飽きないというタイトルで綴っています。

こんにちは、みらじです。

一年半ぐらい前だったか、テレビ朝日の朝の情報番組『モーニングバード』で、東銀座のインド料理専門店ナイルレストランのナイルさんが、家庭でできるプロ技カレーをスタジオで紹介していました。

確か「プロ技キッチン」というコーナーだったかな?

すかさずメモを取り、いつか作ってみようと思っていたのですが・・・その後メモを無くしてしまったんです。

ところが先日、片付けをしているときに、捨てようとしていた雑誌と雑誌の間にあるのを見つけたので、メモ内容を参考に作ってみることに・・(もちろんアレンジしましたが…)

結果、一日3食2日続けて食べても飽きないプロ技カレーができました。

なので、材料、レシピをご紹介するとともに、アレンジを加えているので、私自身の備忘録にしよう思います。

 

 材料 8人前

8人前ってどんだけ大家族?・・・・

仕事の都合で家を離れて暮らす息子が急に帰ってきた時のために、半分はタッパに入れて冷凍するためです。

材料の量は人数に合わせて調整してくださいね。

・タマネギ ・・・・・・・・ 2個
・じゃがいも ・・・・・・・ 5個
・ニンジン ・・・・・・・・ 2本
・エリンギ ・・・・・・・・ 1袋
・ニンニク ・・・・・・・・ 2片
・しょうが ・・・・・・・・ 1片
・豚肉(今回はヒレ) ・ 500g
・スペアミント ・・・・・・ 5g
・油 ・・・・・・・・・ 大さじ3
・無糖ヨーグルト ・・・ 500g
・トマトピューレ ・・・ 150g
・カレー粉 ・・・・・・ 大さじ2
・クミン ・・・・・・・ 大さじ1
・ガラムマサラ ・・・・ 大さじ1
ローレル(煮込み時) ・・ 2枚
・水 ・・・・・・・・ 1000cc
・ブイヨン(キューブ) ・・ 5個
・赤ワイン ・・・・・・ 150㏄
・砂糖 ・・・・・・・・ 大さじ2
・酢 ・・・・・・・・・ 大さじ1
・カレールー(市販) ・・・ 2箱

dsc02954

dsc02952

dsc02957

 

 

 作り方

下ごしらえは材料を切るだけの作業なので特別なことはありません。

dsc02955

じゃがいもニンジンエリンギは好みのサイズに小口切りにして煮込み用の鍋に準備しておきます。

まず、玉ねぎを薄切りにして細切りしたニンニクしょうがとともに油で炒めます。(中火)

dsc02958

玉ねぎは、アメ色になるぐらい炒めると更においしさUPします。ニンニクとしょうがも、細切りよりすりおろしたほうが美味しいカモ。

玉ねぎが炒まったら、スペアミント(乾燥)を投入、サッとでいいので炒めます。(中火)

dsc02960

dsc02961

今回は、乾燥のスペアミントを使いましたが、生のものなら、なお良いと思います。

次にトマトピューレとヨーグルトを入れて、できるだけじっくりと火にかけ、水気を飛ばしていきます。(火は中火のままで)

dsc02962

dsc02963

上のフライパンを中火にかけたまま、別のフライパンで切っておいた肉を焼きます。(強火)

焼き固めることで、肉が小さくなるのを少し防ぐことができるんです。

dsc02959

dsc02964

あまりしっかりと焼かなくても大丈夫です。全体的に色が変わったら赤ワインを入れます。(赤ワインは、肉の臭み取りと柔らかくするために役立ちます)

dsc02965

肉がある程度煮えた段階で、トマトピューレ、ヨーグルトが入った鍋に肉を移します。

 

dsc02966

次に、カレー粉ガラムマサラクミンを入れます。(一気に本格カレーのいい香りに包まれます)

dsc02967

ここで更にを炒め、できるだけ水気を飛ばします(中火)

dsc02968

(カレーって、徹底的に炒めることが美味さの基本だとナイルさんが言っていました。でも、焦げやすいので注意してください。

次に、じゃがいも・ニンジン・エリンギを切って入れておいた煮込み鍋に、炒めた具材全部を移していきます。

dsc02969

いよいよ煮込んでいきます。

鍋に炒めた具材全部を移したら、あらかじめ沸かしておいたお湯にを注ぎ

ブイヨンお砂糖お酢を投入します。(砂糖の代わりにハチミツを使うと肉が柔らかく仕上がるので私はちょっと多めの大さじ3ぐらいのハチミツを使ってみました)

沸騰したら、ごく弱火で、45分コトコトと煮込みます。(煮込む時ローレルの葉を2枚入れて煮込んでみました)

火を止める直前に市販のカレールーを投入します。(市販のカレールーなら何でもいいと思いますが、私は安くておいしい「こくまろ」を使いました。)

dsc02970

これで完成です。

 

 

 食べた結果

 

dsc02988

正に絶品カレーでした。手間もかかりましたが、家庭で普通に作るカレーとは一味違います。

トマトピューレとお酢の酸味がなんとも食欲をそそりますよ。

ヨーグルト効果と、砂糖の代わりに使ったハチミツのせいもあって、旨みと肉の柔らかさは抜群。

カレー粉・ガラムマサラ・クミンを使うことで、プロの本格的なカレーが味わえるんです。

それぞれの分量はある程度好みで調整できると思いますこのカレーなら一日3食2日は飽きずに食べられますよ。

是非お試しください。

 

【これも美味しいですよ!(関連記事)】

オクラの簡単絶品おかずがコレ!ご飯のお供に抜群です

小松菜と干し椎茸と卵で簡単な美味いおかずを作ってみた

カレー風味トマトスープが具だくさんで体も心も温まる

エッグクッカーで生ハムサラダにトロトロ半熟卵を添えてみた

ベーコンとしめじと茄子の炒め煮を作ってみました

じゃがいもとニンジンであったかほっくり赤だし味噌汁と大根浅漬け

イカの塩辛が安かったので、韓国風塩辛を作ってみた。

サバ水煮缶とピーマンとエリンギの味噌炒めを作ってみました。

干しダラで作る具だくさん韓国スープのプゴクを作る。

かぼちゃを和風だしで煮て甘辛バター風味に仕上げてみました。

たらこムッチムがご飯によく合うので何杯でもイケるのは本当!

豚バラ大根の元レシピがイマイチだったので味付けをアレンジ

冷凍里芋と冷凍つみれがあったので時短和風煮物にしてみました

チンゲン菜とピーマンと茄子のうま味オイスターソース炒め

時短!大葉のガーリックライスが意外と美味すぎて

コチュジャンで仕上げるピリ辛のチーズイカ丼がコレ!

冷凍メンチカツを揚げたので、赤ワインソースなるものを作ってみた

レンジを使った茄子の揚げ浸しが簡単すぎて

唐辛子スープ!ニンニクとあさりで体も心も元気になります

定番サツマイモのレモン煮を作ってみました。

きのことピーマンと豚肉のニンニクバターしょう油炒め

テンジャン味噌を使って鍋!麺を入れたら札幌味噌ラーメンに

我が家の豚の生姜焼きは甘くない・・・・

ペンネアラビアータにシーフードをアレンジしてみたのがコレ

ごぼうとニンジンをピーラーでささがき、きんぴらを作る。

にんじん嫌いの子供でも美味しく食べられるジャコにんじん

葉っぱをシャキッと蘇らせて、かぶの昆布だし浅漬けを作ってみた。

にんじん嫌いの子供でも美味しく食べられるジャコにんじん

椎茸とにんじん入りの美味い入り豆腐を作る

小松菜とベーコンのニンニク醤油炒めにバター風味を効かせてみた

豚肉のケチャップ炒めをトロトロチーズでトッピング

小エビのフライをカツ丼のように卵とじにしてみました。

体ポカポカ!スペインのソパ・デ・アフォで元気になろう

きくらげと玉子の炒りもので簡単美味いおかずを作る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。