私の禁煙方法とタバコをやめてみて分かった3つのいいこと。

   2017/07/22

145567

私も以前は世の中で嫌われる喫煙者の一人でした。
タバコをやめてもう3年以上になりますが、その間一度も禁断症状に悩まされることもなく体調はとても良好です。

今回は、タバコをやめるとこんなにいいことが3つもあったので、止めたくてもどうしてもやめられずにいる方にお伝えしたくてこの記事を書くことにしました。

 私の禁煙方法 私はコレで煙草をやめました。

私の場合は、禁煙外来に通ったわけでもなく、禁煙パッチや禁煙ガムに頼ったわけでもなく約10間ぐらいあることを
続けることで簡単に止めることができました。

実に簡単、お金もかからずできますので、是非試してみてください。

その方法とは、普通に煙草に火をつけて通常の喫煙するのです。ただし、煙を肺に吸い込んではいけません。

あえて煙を口内にとどめ、決して肺の中に煙を送り込まないようにしてください。いわゆる「ふかし」だけに留めたタバコの吸い方をしました。

やってみるとわかりますが、口の中がとてもニガく、痺れたようなとても不快な感覚を覚えます。

タバコってニコチンとタールといった人体には決して良くない物質を体内に取り込むことによって変なリラックス感を覚えます。そして、気持ちがいいからと段々常習化していきます。

これが、タバコの悪いところだと思います。喫煙者はみんな分かってはいるんですよね。でも気持ちいいからやめられない。

しかし「ふかし」だけに留めると、タバコは非常に不味く感じ、口内の痺れ感はタバコがいかに体に悪いものであるのかを自覚させてくれるようになります。

これを2~3日続けているとタバコを吸った後、口内がとても不快になり歯磨きしたり洗口液で口をゆすぎたくなります。こうなるとしめたものです。

こういった症状になりましたら、積極的に口内洗浄してください。歯磨きだけでもOKですよ。洗うことで、ニコチン・タールの体内への摂取が抑えられます。

一週間程度「ふかし」を続けていくと、口内の不快感がさらに強くなっていきます。

これは、ニコチン・タールが約1週間の間体内に摂取されないことで、口内のタバコの成分がより不快に感じさせていると体の方が反応しているのかもしれません。

不思議なもので、「ふかし」だけでも(肺に吸い込まなくても)禁断症状にはなりませんよ。

タバコって吸うという行為の常態化が常習化に繋がってる大きな要素でもあるんです。

だから、煙を肺まで送り込まなくても不思議と禁断症状は覚えません。

「ふかし」を1週間程度続けていることであなたの体は徐々にタバコから切り離されていきます。

「ふかし」によってタバコに対する不快感が増してきているのは短期間であれ禁煙の効果がでているわけです。

おそらくニコチン・タールが摂取されていないので脳がタバコ→不味い・苦い→体に悪い→タバコは嫌いというメカニズムが働き出しているのだと思います。

こうなれば、自然とタバコを吸いたくなくなります。10日位するとタバコを吸いたいという衝動にかられることもありません。

逆に「ふかし」で感じていたタバコの不味さ・不快感・口内のピリピリする痺れ感の方がタバコがいかに不快なものか
実感させられると思いますよ。

私はこのようにしてタバコをやめることができました。タバコをやめたくてもどうしてもやめられない方は是非試してみてください。

 タバコをやめてよかった3つのこと

タバコをやめてよかったことって人によって違うかもしれませんが、私の場合は喫煙時と明らかに変わったことが3つあります。

1つ目は、毎年2回は必ず引いていた風邪をひかなくなったことです。喫煙している人って風邪ひくと中々治らないんですよね。

いつまでも喉だけがおかしい状態が続いていて、風邪をひくと嫌な思いをしていましたが、その風邪自体を引かなくなりました。これは嬉しかったですね。

2つ目は、胃薬に頼らなくなったことでしょうか。タバコは胃に相当な負担をかけると云われています。肺よりも胃の方が悪くなるという人さえいますからね。

朝起きると感じていた不快感がタバコをやめてから感じなくなりました。胃が元気だと気持ちも軽くなりますね。

3つ目は、物事に集中できるようになったことです。喫煙の習慣があると、ちょっと息詰まるとタバコが吸いたくてソワソワしてしまいます。

物書きの先生などは、タバコを吸わないと落ち着いて執筆活動に集中できない、発想が湧かないなんていう人もいると思いますが、あれって本当なんですかね。

というのは、タバコをやめてみて明らかに変わったのは、集中力がついたことです。これは大きなメリットだと感じてます。

だってタバコが吸いたくてソワソワすることがなるわけですから落ち着いて物事に集中できるのは当然と言えば当然ですよね。自分の場合これが一番の成果だと思います。

 まとめ

タバコをやめたくてもなかなかやめられないという方に対して私が試して簡単に成功した禁煙方法と、タバコをやめてみて分かった3つのいいことをお伝えしたくて書いてみました。

タバコは百害あって一利なしと云われ、世の中では、さも悪事を働いているかの如く嫌われていますが、私もそう思います。

やめてみて初めてタバコを吸わないことでいいことがあることも実感しました。

これから禁煙しようとお考えの方の一助になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. なほ より:

    たばこを止めると咳、痰、いがらっぽさがなくなります。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。