黒木華は昭和の香りが漂う存在感のある女優といわれるのはなぜ?

   2017/07/22

黒木華さんには「昭和」という言葉がついて回っていますが、1990年生まれ、つまり平成生まれの女優さんですよね。

「昭和顔」?・・・なにそれ?

黒木華さんは昭和顔なの?いろいろ調べたら女優の有村架純さんや松岡茉優さんなども昭和顔の有名人ということらしいです。(根拠がよくわかりませんが)

昭和の時代、少年隊の東山紀之さんが「しょうゆ顔」で、同じく少年隊のメンバー錦織一清さんが、「ソース顔」っていわれて話題になったこともありました。

ちょっと前には、「塩顔」なんてのも話題になり、俳優の向井理さんや田中圭さん、綾野剛さんらが塩顔イケメン俳優などとしてネット上でも紹介されてました。

それはさておき、今回は女優黒木華さんがなぜ、昭和という言葉と結びつくのかと、若手ながらその存在感の凄さがどこにあるのかが気になったので調べてみました。

 黒木華さんと昭和の結びつき

しょうゆ顔とソース顔の判断基準って和風の顔か洋風の顔かっていうくくりとして、分かりやすかったと思いますが、塩顔や昭和顔の定義や、判断する上でのポイントなど、分かりにくいですよね。

黒木華さんは昭和顔なんでしょうか?・・よく分かりません。

ネット上では昭和顔有名人のまとめサイトなどでは、先に話した、有村架純さんや松岡茉優さん、そして黒木華さんも昭和顔の代表のように取り上げられているようですが。

黒木華さんと昭和を結びつけるのは顔じゃないと思います。ではどういうこと?・・・こういうことだと思います。

昨年2月、黒木が第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞したニュース。あでやかな振り袖姿ではにかむ黒木の笑顔が記憶に残っている人も多いことだろう。

山田洋次監督の『小さいおうち』で黒木が演じたのは、昭和初期、東京の中流家庭に女中奉公をした布宮タキ。

山田監督が「日本一かっぽう着が似合う女優」と絶賛したつつましい装いで、昭和の日本女性を体現した。

出典:ORICON STYLE 2015-02-06
 「“昭和的な女性”を自然に演じる若手女優・黒木華」

つまり、短くまとめると、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した黒木華さんの和装と卓越した演技力の調和の美しさが昭和の時代の日本女性を的確に表現できていたということかと。

だからこそこのように大きな賞に輝いたわけですね。

顔が昭和なわけではなかったわけですね。しかし、昭和・平成と生きてきた私は、この黒木華という女優さんと、演技力において抜群に世の中の支持を受けた昭和を代表する女優の一人の田中裕子さんがダブって見えて仕方がないんです。

田中裕子さんといえば、「おしん」、NHK朝の連続テレビ小説ながら、世界中に広がりをみせ話題を呼びましたよね。

私の場合黒木華さんと田中裕子さんが昭和という時代を通してつながってくるのです。

余談でしたね。

ということで、黒木華さんと昭和という言葉の結びつきについて見てみました。

 黒木華さんの存在感がすごい

黒木華さんは平成生まれで若手の女優さんながら、その演技力と存在感の凄さには目を見張るものがあると思います。

またまた抜粋記事で恐縮ですが次のような記事をご紹介しますね。

モデル出身の人気若手女優らが華やかに活躍するエンターテインメントシーンのなかでも、黒木はそんな多くの女優たちとはイメージが異なる、独特の立ち位置をしっかりと築いている。

それは純日本的であり、昭和の女性を思わせる顔立ちと醸し出す雰囲気によるところもあるだろう。
それに加えて、文学的とも言われる知性と深みのある、黒木が身につけてきた人間性が、演じる役柄にも
にじみでて唯一無二の存在感を放っている。

ここ数年の黒木の出演作が人並み外れて多いことも、さまざまな作品のなかで必要な要素として重宝されていることを証明している。

そんななかでも、最近の役柄に共通しているのは、大人の落ち着いた女性、年輪を重ねた大人の色気を
醸し出す女性を、24歳という若さで自然に演じていること。

出典:ORICON STYLE 2015-02-06
 「“昭和的な女性”を自然に演じる若手女優・黒木華」

黒木華さんの存在感ってこの一文に集約されていると思いませんか。

(この文にも黒木華さんが「昭和の女性を思わせる顔立ち」と書いてあるけど、その基準が分からん。)

年齢は若いけど、文学的な素養の幅と深さが他の追随を許さない黒木華さんの存在感の凄さなのかもしれません。

映画監督の山田洋二さんや岩井俊二さん、演出家の蜷川幸雄さん、野田秀樹さんら、日本を代表する大物たちが
黒木華さんを絶賛することも頷けますね。

 まとめ

黒木華さんと結びついている昭和という言葉と、若手女優さんながらその存在感がとても大きいのは、なぜなのか、

抜粋記事中心になりましたが、すこしまとめてみました。てか、ほとんど抜粋記事でしたが…

黒木華さんは今後も更に素晴らしい演技で世に感動を与えてくれそうですね。今後とも応援していきましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。