宇崎竜童、ロックバンドの外見とのギャップと夫婦仲が意外!

   2017/07/22

宇崎竜童さんといえば、1970年代から80年代前半にかけて活躍したロックバンド、「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」のリーダー。

「スモーキン’ブギ」や、”あんた!あの娘のなんなのさ?”のフレーズで有名な「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」などのヒット曲を飛ばした往年のスター、中高年の☆的な存在。

なんといっても白いつなぎを着てポマードでテッカテカのリーゼントヘヤー、そしてサングラス(レイバン?)という
いで立ちでカッコよかったです。

でも、同時代一世風靡したロックバンド「キャロル」が皮ジャンのイメージを世に浸透させていたために、宇崎竜童さんはあえてつなぎを採用したそうです。こんなエピソードあったのは知らなかったですね。

よく比較される「キャロル」と「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」は、デビュー自体は半年程度しか違わない。しかしこの差が宇崎を悩ませた。宇崎らも最初は皮ジャンを着ていたが、キャロルが篠山紀信に写真を撮られ大々的に売り出されると「キャロル」の物真似と散々言われた。やむなく皮ジャンでないものを探して、たまたま「つなぎ」に行った。

出典:Wikipedia「宇崎竜童」

でもこのことで、「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」のイメージが確立されてきたわけですね。

「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」に続いてデビューしてきた「横浜銀蝿」も確かつなぎ・リーゼント・サングラスだったっけ。

宇崎竜童さんはバンド活動で一躍有名になりましたが、バンド活動以外でも作曲家・俳優・映画監督としてもとても有名で特に作曲活動では、日本の名立たる音楽家の一人として、1981年に日本アカデミー賞最優秀音楽賞に輝いています。

今日は宇崎竜童さんについて少し調べてみました。

 外見とのギャップがすごい

宇崎竜童さんですが、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド時代からそのイメージがちょっと悪そうで、顔も強面でヤンキー・10代は暴走族??と思ってました。

イメージとは実に恐ろしいもので、宇崎竜童さんは外見とはまったく正反対の凄いまじめ人間だそうです。

明大付属中野中学から高校そして明治大学法学部へと進まれたお坊ちゃまで、一度もヤンキーの道へは足を踏み入れたことはないそうです。7・3分けのリクルートヘヤーの時期があったといいますからこれまた驚きですね。

26歳の時にダウン・タウン・ブギウギ・バンドを結成した宇崎竜童さんですが、当時は運転免許を持っておらず、移動はもっぱらチャリンコだったそうで、自動車免許は35歳の時、バイクの免許を取得したのは40歳の時だそうです。

さらに、宇崎竜童さんはお酒にもめっぽう弱く、完全な甘党、スポーツも嫌いだそうです。今はどうかわかりませんが、大のネコ好きで猫なで声でネコに話しかけるという宇崎竜童さん。

若い時のイメージが強すぎて、その外見とのギャップが大きすぎてまったく想像できないんですが・・・

年を重ねていい雰囲気の紳士になりましたが、やっぱりシャープで強面の顔してますし・・・

 夫婦仲が良すぎて意外?秘訣は・・

宇崎竜童さんといえば、奥様が作詞家の阿木燿子さんだということはよく知られていますね。

そして夫婦仲がとてもいい有名人としても宇崎竜童・阿木燿子夫妻はとても有名ですよね。

大学時代の宇崎竜童さんは軽音楽部(ジャズ)に入りトランペットを吹いていたそうですが、そこで、奥様になる阿木燿子さんと出会いは、一目惚れ。以来ずっと世の中が羨むような仲良し夫婦を続けてこられています。

長年、仲良し夫婦として有名なカップルもたくさんいますが宇崎竜童・阿木燿子夫妻も大学時代からですから、もう50年近くなるんじゃないでしょうか。

音楽関係の方では、桑田佳祐・原由子夫妻や山下達郎・竹内まりや夫妻など仲の良い夫婦として知られていますが、一つの共通点がありそうですね。有名人仲良し夫婦って、必ずインタビューなどで「仲良しの秘訣」について聞かれてますよね。

宇崎竜童・阿木燿子夫妻や、桑田佳祐・原由子夫妻、山下達郎・竹内まりや夫妻ともに夫婦の会話がとても多いそうです。

宇崎竜童・阿木燿子夫妻の場合は話し始めると朝方まで喋ってしまうほどだそうです。

面白いなと思ったのは、あるラジオ番組に竹内まりやさんがゲスト出演されたとき、夫婦仲を聞かれてましたが、山下達郎・竹内まりや夫妻、二人ともゴシップ好きでおしゃべり好き、宇崎竜童・阿木燿子夫妻と同じで何時まででもおしゃべりが続くそうです。

やっぱり会話なんですね。

夫婦の間で会話が減ってきたなと思ったら黄色信号会話がほとんどないなら赤信号ってことですね。でも50年近くラブラブって意外?ではなく凄い!ということですね。

 まとめ

宇崎竜童さんについて、ロックバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」時代の外見と素の宇崎竜童さんのギャップがあり過ぎる件と夫婦仲がとても良くて意外?という観点から調べてみました。

4月11日夜9:00からスタートするドラマ「ラヴソング」(フジ)に宇崎竜童さんはライブハウスのオーナー笹裕司の役で出演されます。チョイワルおやじのイメージの、味のある演技が期待できそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。